日本メディアが報じない「米CNNの捏造体質」元祖フェイクニュースの罪

トランプのロシア疑惑に関するCNNの虚偽報道が撤回され、関係者3人が辞職する大問題に発展しています。しかし日本のメディアは、具体的に何がどのように「虚偽」だったのかをまったく伝えていません。(『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』)

※本記事は、『いつも感謝している高年の独り言(有料版)』2017年7月6日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

「視聴率がすべて」CNNの捏造体質を暴く2つの決定的映像

CNN「ウソ記事撤回」を日本はどう報じたのか?

私はトランプ大統領の傲慢な態度が大嫌いですが、そうかと言って、トランプを追い落とすために偽の報道を流しているメディアの肩を持つわけにはいかないと思っています。

トランプのロシア疑惑問題で、CNNが記事を撤回したという報道が日本でも流れています。

新聞各紙の報道は非常に短く、本質をついていないと思います。比較的、詳細に報道しているのはNHK報道でした。下記の記事です(※編注:現在は元記事が削除されており、下記は記事ページのキャッシュになります)。

※参考:CNNがロシア疑惑記事撤回 記者ら3人辞職 – NHK NEWS WEB(6月28日付)

どうでしょうか? おわかりになりましたか? 最後の無関係の報道(タイム表紙)もおもしろいものです。3人の記者・編集者が辞職したほどに大きな問題となった疑惑記事の、「どの部分」が「どのように」間違いだったのか? まったく書かれていません

社内の行動規範や報道基準に違反したということであれば、CNNは自主的な処分として解雇しなくてはならないはずです。また、辞職した記者や編集者も、下っ端のように書かれています。

しかし、その実態は自主的な処分ではなく、外部からの強烈な暴露で判明したことであり、関係したCNNの人間も上層部だったのです。また記者だけでなく、その後、CNNの顔であるニュース・キャスター自身も、フェイク・ニュースであったことを認識していたのです。

Next: 「重要なのは視聴率さ」CNNの見方がガラリと変わる暴露映像

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい