真の「トランプリスク」はこれからだ~1000円超の下ヒゲも慢心は禁物=山崎和邦

過去、1000円以上の長大下ヒゲ、週足陽線が「ダマシ」になった例は多くある。確実に言えるのは、自分に都合のいいように解釈すると必ず間違うということだ。(山崎和邦)

※本記事は、有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』(罫線・資料付)*相場を読み解く【号外・山崎動画】も配信』2016年11月13日号の一部抜粋です。今月分すべて無料の定期購読はこちらからどうぞ。

この上昇は本物か。山崎和邦氏が警戒する「気がかり」とは?

「ご都合解釈」の怖さ

過去、1000円以上の長大下ヒゲをつけて週足陽線を示現しても、その後、上昇相場とならなかった例は多くある。

【関連】心地よすぎて破滅する。コントラリアン(逆張り投資家)が嵌る罠=田渕直也

例えば昨年8月、チャイナショックによる急落後の8月最終週にも、1000円以上の長大下ヒゲをつけ週足陽線を示現した。これだけ見れば、翌週から相当の上昇相場のはずであったが、翌週は1000円を超える長大陰線を示現した。そしてそこから5週間下げ続けた。

その後に中間反騰の連騰があり、これが12月1日に瞬間20012円の天井を形成し、そこから2月12日まで1000円の大台を6回割って14866円という一番底を付けた。このように、罫線には例外が大いにあることを忘れないでおきたい。

2015年3月以降の日経平均の週足で長い下ヒゲを至現した局面

2015年3月以降の日経平均の週足で長い下ヒゲを至現した局面

教祖グランビル師は、移動平均では「短期的・技術的修正がある」というが、これ要するに昔から言う罫線の「ダマシ」であろう。ただ確実に言えるのは、自分に都合のいいように解釈すると必ず間違うということだ。

今回の戻りは銘柄による選別化が見られる

今回の戻りは銘柄による選別化が見られる

日経平均はPBR1.20倍水準に

日経平均はPBR1.20倍水準に

日経平均日足と日経PBRの関係

日経平均日足と日経PBRの関係

続きはご購読下さい。初月無料です

【関連】トランプ爆騰相場を演出「アルゴ買い上げ」の巻き戻しに気をつけろ=今市太郎

【関連】「グランビルの法則」入門~8つのシグナルで売買チャンスを把握する=清水洋介

【関連】私の見た「幸福な富裕者と不幸な富裕者」その決定的違い=山崎和邦

【関連】私が考える、日経平均株価と「満月」の切っても切れない関係=山崎和邦

【関連】村上世彰氏の強制調査に想う~付論:加藤暠氏・堀江貴文氏・江副浩正氏=山崎和邦

山崎和邦 週報「投機の流儀(罫線・資料付)」』(2016年1月13日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

山崎和邦 週報 「投機の流儀 (罫線・資料付)」

[月額3,000円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
大人気メルマガ『山崎和邦 週報「投機の流儀」』のHTMLデラックス版をお届けします。テキストメルマガではできなかったチャートや図解を用いた解説も掲載。より読みやすく、理解しやすく進化しました。投資歴55年を超える現役投資家だからこそ言える経験に裏打ちされた言葉は投資のヒントが盛りだくさん。ぜひご購読ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい