トランプ大統領の「ツイッター依存症」はワシントンを火の海にするか?=浜田和幸

トランプ政権は北朝鮮と交渉などできそうにない。ツイッターでつぶやき続けるだけで、実態は中国からもロシアからも交渉力や実行力を見透かされている。(浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』浜田和幸)

※本記事は有料メルマガ『浜田かずゆきの『ぶっちゃけ話はここだけで』』2017年8月4日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

プロフィール:浜田和幸(はまだ かずゆき)
国際政治経済学者。前参議院議員。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。『ヘッジファンド』『未来ビジネスを読む』等のベストセラー作家。総務大臣政務官、外務大臣政務官、2020年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会委員、米戦略国際問題研究所主任研究員、米議会調査局コンサルタントを歴任。日本では数少ないフューチャリスト(未来予測家)としても知られる。

交渉力不足が世界に露呈。ツイッターで吠えるだけのトランプ外交

北朝鮮との交渉は期待できず

ぶっちゃけ、トランプ政権は北朝鮮と交渉などできそうにない

ワシントンやニューヨークに到達できるICBM(大陸間弾道弾)を開発したといわれる金正恩体制に対して、「圧力をかける」「戦争も辞さない」とツイッターでつぶやき続けるだけのトランプ大統領である。これでは北朝鮮は痛くも痒くもないだろう。

中国に影響力の行使を期待する」と繰り返していたが、最近では「中国に失望した」と方向転換。実態は、中国からもロシアからも交渉力や実行力を見透かされているのがトランプ政権だ。

最大の問題は人材不足

最大の問題は、トランプ政権には対北朝鮮政策を立案・実行する専門家が誰もいないというお粗末な現実である。国務省にも国防総省にも、北朝鮮を担当する東アジア太平洋地域の次官補が空席のまま。それどころか、駐韓国大使も不在である。

日本には8月中にハガティ新大使が着任する予定だが、北朝鮮に関してはずぶの素人。

北朝鮮の脅威をあげつらっているトランプ大統領だが、ホワイトハウスの身内だけでは北朝鮮の脅威を封じ込めることなど不可能だ。

ぶっちゃけ、トランプ大統領の周りには「家族」「使用人」「」の3種類の人間しかいない。北朝鮮のような国を相手にするには、外交と軍事双方の専門家の力が欠かせないにもかかわらずだ。もちろん、韓国や日本など同盟国の協力も重要である。

ところが、トランプ大統領は専門家の意見をまったく聞こうとせず、自己満足のツイッター三昧ときている。

Next: 北朝鮮との戦争になれば、屍の山ができるのはワシントンだ

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー