北朝鮮と人民元、暗号通貨を結ぶ点と線。米中ステルス戦争の勝者は?

今の北朝鮮問題は、脱ドル化へ向けた地政学的大転換のはじまりです。だとすれば、人民元と暗号通貨の「利害」が一致するのも、決して偶然ではないでしょう。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2017年9月7日第222号パート1の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

脱ドル化の押し寄せる波。日本人が知らない全く新しい戦争とは?

第三次世界大戦と東西新通貨戦争

本格的な核武装を実現しつつある北朝鮮の脅威は、極東有事から第三次世界大戦への道筋を切り開こうとしています。

しかし、西側世界にとっては、この背後で着々と進められている東西新通貨戦争ほど大きな脅威にはならないはずです。

西側のマスメディアは、連日、北朝鮮の核開発の進展状況を伝えていますが、通貨システムの専門家とマクロ経済のアナリストは、むしろ、これを「脱ドル化へ向けた地政学的大転換のはじまり」と捉えているようです。

耳を澄ませば、あなたにもドルの死を悼むレクイエムが遠くから聞こえてくるはずです。

ジム・リカーズ(James Rickards)は、9月4日のCNBCの生番組で、北朝鮮に関する国際社会の規制と不適切な対応について、辛辣な批判を浴びせました。

ジム・リカーズとは、ストラテジック・インテリジェンス(Strategic Intelligence)の編集者であり、ニューヨークタイムズから刊行された彼の最新作『破滅への道=The Road to Ruin』で話題沸騰のベストセラー作家です。

ジム・リカーズ(右)

ジム・リカーズ(右)

リカーズの発言に、米国の主流メディアが耳を傾けるのは、彼がウォールストリートで30年以上働いた経験を持ち、国際金融、貿易、財務戦術などについて高度な実務能力を有しているだけでなく、米国の情報機関にも助言してきた男だからです。

北朝鮮の豊富な石油備蓄は中国の援助によるもの

CNBCのインタビューは、北朝鮮に対する石油禁輸措置がどのような意味を持ち、果たして北朝鮮にどれほどのダメージを与えることができるのか、といった疑問譜で始まりました。

ここで、リカーズは、やや強調するように言っています。

「北朝鮮はすでに世界に衝撃を与えている。彼らは、この日のために戦略的に石油備蓄量を積み上げてきた。北朝鮮は少なくとも1年分の石油を備蓄しており、中国は背後から、北朝鮮のエネルギー備蓄を助けてきた」

リカーズは、したがって、「北朝鮮の横暴に対する反動的措置として有効に働くのは、米国が中国人民銀行や中国工商銀行ほか、中国の主要銀行を米ドルの国際決済システムから締め出すことだ」と語気を荒くして述べました。

北朝鮮の挑発が奏功しているのは、中国とロシアが北朝鮮を経済的に支えているからで、特に、中国は、その中枢的役割を果たしているからです。

避けられない米中対決

生番組の中で、リカーズの発言を受けたマクロ経済のアナリストは、次のように続けます。

「結論から言えば、中国は北朝鮮の資金調達を手助けしている。リカーズ氏が述べたように、中国の銀行に対するドル決済の停止措置は、間接的に北朝鮮への強烈な制裁になる。(これは、米中の関係をいっそう悪化させることになるかもしれないが)中国が北朝鮮に対して本気で経済的圧力をかける気がない以上、有効だろう」

「米国は、北朝鮮の状況を解決できないまま、まもなく中国との貿易・金融戦争に突き進もうとしている。中国のほうとしても、指をくわえて見ているわけではなく、やがて米国に対する何らかの制裁を段階的に拡大させていくはずだ」

つまり、どうしたって米中関係は悪化するのだから、この際、「真正面から中国に強いメッセージを送ったほうがいい」と言っているのです。

このマクロ経済のアナリストが指摘している「米中の関係悪化」とは、トランプに事実上、解任されたスティーブン・バノンが警告していた「中国との経済・通貨戦争」のことです。

Next: サイバー空間と通貨をめぐる「米中ステルス戦争」は始まっている

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー