今の恋人から乗り換えるべき?株式投資に学ぶ「後悔なしの恋愛論」=ゆうきゆう

あなたは今、何かの決断で迷っていたりしませんか?「変わりたい…。変えたい…。でも…!」。そんな風に思っているのなら、今回の話を読んでみてください。(『★セクシー心理学GOLD 〜最先端の心理学技術★』ゆうきゆう)

※本記事は有料メルマガ『★セクシー心理学GOLD ~最先端の心理学技術★』2004年1月28日号を一部抜粋・再構成したものです。興味を持たれた方は、ぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

本当にこのままでいいの? 惰性と「現状維持」から抜け出す方法

どっちが強いショック?

では、あなたにお聞きしましょう。今から言う話を、よく聞いてください。

ここに、セクシー社エクスタシー社があります。名前は微妙ですが、会社の調子はさらにもっと微妙。どちらも、株価がいつ上がるか下がるか、わかりません。

【関連】行動経済学者が説く「無理なくお酒やタバコの量を減らす」心理テクニック

さて、ここからがメインです。

【A】

今、あなたはセクシー社の株を100万円分持っています。いえ、持ちたくないとかそういうのは置いておいて。まぁ、売れば100万円ですから。

さてここで、あなたの友達が来て言いました。

「お前の株、エクスタシー社のに買い換えろよ。儲かるぜ?

でも、あなたは買い換えず、そのままセクシー社の株を持っていました。すると1年後、セクシー社の株は、半額に下がってしまったのです。

【B】

では次に、こんな状況を考えてみてください。

あなたは今、エクスタシー社の株を100万円分持っていました。

ここに、あなたの友達が来て言いました。

「君の株、セクシー社のものに買い換えろよ。儲かるよ?

そしてあなたは、そのすすめに従って、セクシー社に買い換えました。すると1年後、セクシー社の株は、半額に下がってしまったのです。

さて、ここであなたに聞きましょう。

そのまま持っていたら半額に下がってしまった【A】と、買い換えたら半額に下がってしまった【B】。いったいどちらの方が、強いショックでしょうか?

人は後悔を嫌う

さぁ、あなたの答えはどうでしょう。おそらく、大多数の人が「【B】の方がショック」と答えるはずです。

実際、人間にはこんな法則があります。

・なるべくなら、変化を嫌う
・「行動せずに後悔する」よりも「行動して後悔する」場合を強く恐れる

どんな選択であっても、行動することは、やはりその分「期待」が強まります。その状態で「後悔」することは、落差が大きい分、強いショックとなってしまいます。

それよりは、「はじめから行動しない」で「期待や労力をかけない」ことで、そのショックを和らげる方を選ぶわけです。

もちろん、「成功しそう…!イケるかも…!」と思っている場合は、この限りではありません。

しかし一度でも「なんか後悔しそう…」という恐怖を抱くと、ついショックを減らすために、「じゃあ、今のままで…」と思ってしまうわけです。

これをビジネスの世界では「後悔の嫌悪」と呼びます。そのままのネーミングですね。

Next: 恋愛も同じ。人には「別れたときの失敗を嫌がる」性質がある

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい