「株よりもワクワクする」ビットコイン投資がギャンブルになりがちな理由=梶原真由美

「リスクは怖い」と言っていた投資ビギナーが、株式より余程ハイリスクな仮想通貨にいきなり手を出すケースが増加中。これは一体どういう心理なのでしょうか?(『億の近道』梶原真由美)

プロフィール:梶原真由美(かじはら まゆみ)
ファイナンシャルプランナー。日本ではまだ珍しい顧問契約制のFP会社である株式会社マネーライフプランニング所属。1976年千葉県生まれ。40歳で出産、12歳年下の夫と長女の3人家族。

仮想通貨ギャンブルにハマる人が続出。投資や投機との違いとは?

投資ビギナーがビットコインを保有する心理

最近FP仲間がこんな愚痴をポロリと言いました。「仮想通貨を投資として考えている人が多すぎてちょっとウンザリする」。確かに、私も仮想通貨について知人、友人から「仮想通貨を友人に勧められたんだけど、どう思う?」と数人から聞かれたことがあります。

また直近では、「株式・債券・投資信託を使っての資産運用は、もう少し手元の資金が貯まってから始めます」と話していた方から約1年ぶりにメールが来たのですが、「仮想通貨を購入し、値上がりしているがどうしたらいいか?」といった内容が記載してありました。

不思議に思うのは、株式・債券市場の説明をしても「リスクは怖い、投資は難しい」と話す人が、さらにリスクの高い仮想通貨を保有、または購入を検討していることです。

これは一体どういう心理なのかを考えてみました。

【関連】資本主義ゲーム必勝法、あるいは「リボ払い」に感謝する貧乏人の罪=鈴木傾城

仮想通貨への投資はずばり「楽しい」

「仮想通貨は金融の革命だ!」なんてフレーズを見かけたりしますが、おそらく、株式や債券よりも、仮想通貨は保有していてワクワクするのだと思います。

つまり「楽しい」んですね。パチンコや競馬等の賭け事で「勝った!」「負けたぁ~」と盛り上がることと似ています。

賭け事=ギャンブルですが、仮想通貨を保有している人のうち、それがギャンブルだと認識している人がどれくらいいるでしょうか? そもそも、仮想通貨はギャンブルなのでしょうか?

Next: 楽しいビットコインは「投資」か「投機」か「ギャンブル」か?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー