「レバ上限10倍」という改悪。2018年、投資家はFX取引から撤退する=長谷川雅一

金融庁が、FX取引のレバレッジを現行の25倍から10倍に下げることを検討しています。そんなことをされたら、FX取引をやめるトレーダーが続出するでしょう。(『長谷川雅一のハッピーライフマガジン』2017年9月28日号より)

プロフィール:長谷川雅一(はせがわ まさかず)
1959年、岐阜県生まれ。株式会社プレコオンライン(金融商品取引業)代表取締役社長。2000年より株式投資の研究を始め、日本で初めて「株の自動売買」という言葉を使った著書を出版。株式投資の世界では、「株の自動売買」ブームの火付け役として知られている。現在は、自動売買ソフトの開発、投資教室、メルマガの執筆など、多忙な日々を送っている。

金融庁はFXを殺す気か? レバレッジ引き下げが逆効果になるワケ

FXのレバレッジが10倍に?

日経新聞によれば、「金融庁が、FX取引のレバレッジを、現行の25倍から10倍に下げることを検討している」とのことです。なんでも、「相場急変時の投資家の損失を防ぐため」だそうで、早ければ来年(2018年)にも「内閣府令」を改正して実施するのだとか。

おいおい!ちょっと待ってくれよ!そんなことされたら、FX市場が死んじゃうよ。FX市場から、トレーダーがいなくなっちゃうよ!…というのが、僕の率直な感想です。

日経225先物だって、レバレッジは最高で25倍。FXだけ「目の敵」にするがごとく「10倍に落とす」というのは、ちょっと納得が行きません

レバレッジが下がれば、破産リスクはむしろ増す

実際にトレードをやっている者の「現場の感覚」で言えば、「FX取引のレバレッジが下がれば、かえって破産リスクが増すのではないか?」と思います。

たとえば、現在、米ドル/円を10,000通貨買うのに必要な証拠金は、1ドル=100円として、4万円です。FXの取引口座に20万円の現金があった場合、米ドルを10,000通貨買うと、証拠金で4万円が使われて、残りは16万円となります。

10,000通貨のトレードの場合、米ドル/円が1円下がれば、1万円の損失になりますので、口座に現金が16万円残っていれば、単純計算(強制決済などのルールは度外視)で、16円までの下落に耐えられることになります。

しかし、レバレッジが10倍になると、10,000通貨買うのに10万円の証拠金が必要になり、残金は10万円となりますから、10円の下落にしか耐えられなくなり、相場の急落があったとき、早い段階で破産してしまうことになります。

要するに、同じ資金で、同じ規模のトレードを続けた場合、レバレッジが下がると「破産リスク」が増すわけです。

レバレッジを下げても「投資家保護」にはならない

前述のように、レバレッジの低下により、逆行時(評価損発生時)の耐性が弱くなります。FX投資家は、これに対応するために、より多くの資金をリスクにさらす(FX口座に入金する)必要に迫られます。

つまり、レバレッジを下げることは、かえってリスクの増大につながるとも言えるわけです。

僕は、レバレッジを下げても「投資家保護」にはならないと思います。投資家が不利になるだけです。

Next: 投資家はバカじゃない。どうせ「抜け道」が用意されるだけだ

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー