週刊文春が見逃した「森友学園」問題の核心。麻生太郎副総理に飛び火か?

いまや安倍首相の辞任もあり得るとの観測さえ出ている「森友学園問題」。この問題が副総理・財務大臣を兼務する麻生太郎氏に飛び火する可能性があるとの情報を掴んだ。(アクセスジャーナル・メルマガ版

※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2017年3月13日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

麻生太郎副総理と懇意な人物=X氏とはいったい何者なのか?

「森友学園問題」麻生氏に飛び火の可能性

2015年9月4日、安倍晋三首相は安保法制で緊迫する国会会期中だったにも拘わらず、日帰りで訪阪。その午後4時過ぎから約1時間、りそな銀行元支店次長で現在は経営コンサルタント会社を経営する冬柴大氏(故・冬柴鉄三元国土交通相の次男)が経営する大阪市北区の海鮮料理店「かき鉄」にて、安倍首相は冬柴大氏と食事。その前日には財務省の官房長・理財局長が安倍首相を訪問。また9月4日当日午前中、森友学園の小学校建設工事を請け負った設計・建設会社社長が、近畿財務局統括管理官、大阪航空局調査係と会合を持っていた事実が判明した。

森友学園とりそな銀行は業務提携し、その後、りそな銀行は21億円もの巨額融資を行い、これで森友学園は小学校建設資金を捻出。また、安倍首相の訪阪翌日、昭恵氏は森友学園が運営する塚本幼稚園を訪問して講演、そして「安倍晋三記念小学校」の名誉校長に就任している。

【関連】俳優の竹内力が広告塔「1000億円巨額詐欺」に関与した民進党元代議士とは?

こうしたなか、この問題は、ロッキード事件になぞられ「アッキード事件」ともいわれ、いまや安倍首相の辞任もあり得るとの観測さえ出てきている。

そんななか、本紙は今後、安倍内閣ナンバー2の副総理・財務大臣も兼務する麻生太郎氏にも飛び火する可能性があるとの情報を掴んだ。

すでに、公明党元幹事長でもあった前出・冬柴元国交相と同様、関西地盤の鴻池祥肇元財務担当大臣の森友学園に関する口利き疑惑が飛び出しているが、その鴻池氏は麻生副総理の派閥(為公会)でナンバー2の会長代行を務める

だが、麻生副総理に飛び火しそうだと本紙がいうのは、そんなことではない

文春が見逃した重要な事実

3月2日発売の『週刊文春』(3月9日号)が、この森友学園の国有地取得問題のキーマンだとして、川田裕介元鳩山邦夫事務所参与なる人物に実名で初告白させ、5頁の特集記事を載せている。

この川田氏の告発によれば、安倍事務所にも出入りする一方、自分の息子が塚本幼稚園に通っており、「安倍晋三記念小学校」に入学予定という関係から、森友学園の籠池泰典理事長の依頼を受け14年夏ごろ、近畿財務局の庁舎で統括国有財産管理官と面談したという。

だが、同記事には、重要な事実と思われることが抜け落ちている。

関係者によれば、川田氏はその前、別の政治家(当時)の名刺を使って動き出して以降、政治ブローカーに転じており、森友学園の件では自分で動いただけでなく、麻生副総理と懇意な人物=X氏のコネを使ったというのだ。

「森友学園へのタダ同然の国有地払い下げは大阪府、それに近畿財務局(財務省)の両方に圧力を掛けられる人脈がなければ無理。そんなことができる者はそういない。その点、麻生副総理のブレーンなら可能」(事情通)

麻生副総理は財務省のトップなのだから、財務省に影響力があることは誰でもわかること。なお、麻生氏は金融担当大臣でもあり、りそな銀行の融資との関係も気にかかる。

しかし、大阪府とはどういう関係なのか。そこで、出て来るのが橋下――
続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 3月配信済みバックナンバー>

No.369 2017年3月20日号 目次

1.金正男氏殺害――北朝鮮の誤算
2.目立つサイトを公表――「違法投資情報サイトにご注意!」
3.「燦キャピタル」と「ソルガム」を繋ぐ大場氏
4.今週の相場展望(3月13日~3月17日)&MY注目銘柄
5.悪質、違法なオフ会による仕手株はめ込みにご注意

No.368 2017年3月13日号 目次

1. 上場廃止が決まった「T&Cメディカルサイエンス」に“風説の流布”疑惑
2. 「SOMPOホールディングス」が“会社乗っ取り屋”と取引!?(2)
3. 「森友学園」国有地取得問題――麻生太郎副総理にも飛び火か!?
4. 今週の相場展望(3月6日~3月10日)&MY注目銘柄
5. あの「真珠宮ビル」跡地、ついに売買成立

No.367 2017年3月6日号 目次

1. やはり未だ執行猶予中――「郷鉄工」介入の松尾隆氏、「偽名で何が悪いの!?」
2. 「今週の相場展望(2月27日~3月3日)&MY注目銘柄」
3. 「SOMPOホールディングス」が“会社乗っ取り屋”と取引!?
4. 「清原和博転落人生のキッカケを作った真の男」=上場企業社長!?
5. この男、詐欺師につき


※本記事は有料メルマガ『アクセスジャーナル・メルマガ版』2017年3月13日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。今回の記事の続きや、毎週の相場展望&MY注目銘柄もすぐ読めます。

【関連】「外国人の日本売り」を誘発しかねない森友学園・籠池氏の証人喚問=今市太郎

【関連】偶然ではない、森友学園問題と「南スーダンPKO撤収」を結ぶ点と線=近藤駿介

【関連】森友学園と国の「危険な共謀」仕組まれたゴミ混入率が意味するものとは?=近藤駿介

【関連】安倍政権の命取りに?森友学園小学校の地下に眠る「最大のタブー」=近藤駿介

アクセスジャーナル・メルマガ版』(2017年3月13日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

アクセスジャーナル・メルマガ版

[月額864円(税込) 毎週月曜日]
2003年12月2日、世界有数の億万長者、「武富士」会長(当時)・武井保雄を塀の中に追いやったジャーナリスト・山岡俊介が、政・官・財を始めとするあらゆる“悪”に鋭く切り込みます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー