fbpx

指標悪化、株価急落で実態経済との乖離解消か。日経平均・米ドル/円 週間展望=馬渕治好

今週の一枚:鉱工業生産の推移

鉱工業生産の推移

鉱工業生産の推移

※昨年12月に公表された経済指標は、日本の11月の景気ウォッチャー指数、米国の11月のISM指数、同月の中古並びに新築住宅販売件数、12月の消費者信頼感指数(コンファレンスボード)など、ことごとく不調だった。

※昨年最終週には、日本の鉱工業生産が公表された(上図)。こちらも、11月が前月比横ばい、12月の予測指数が前月比マイナスと、軟調気味だった。ただし2021年1月分の予測指数では、生産の大幅な増加が見込まれており、生産動向は回復基調のなかでの一旦の一服、といった感が強い。

※今週発表のデータでも、日本では1/6(水)の12月の消費動向調査(消費者態度指数は、11月の33.7から32.3に悪化予想)、1/7(木)の11月の毎月勤労統計調査(現金給与総額(事業所規模5人以上)の前年比は、10月の0.7%減から11月は0.9%減と、前年比のマイナス幅拡大の見込み)、1/8(金)の11月の家計調査(単身者を除く全世帯の実質消費支出が、10月の前年比1.9%増に対し、11月は1.0%減と、マイナスに転落するとの予想)と、悪化が見込まれている。

※また、米国においても、1/5(火)発表のISM製造業指数(11月の57.5から12月は56.5に悪化予想)、1/7(木)の同非製造業指数(同じく55.9から54.5に悪化見通し)、1/8(金)の12月の雇用統計(失業率は11月の6.7%から6.8%に悪化、非農業部門雇用者数は前月比でわずか5.0万人の増加にとどまるとの見通し)と、やはり不振が予想されている。

※こうした日米の、足元の景気一服と株価上振れの乖離は大きく、短期的には早晩株価が反落する形で乖離が解消されるものと見込んでいる。

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 1月配信済みバックナンバー>

※2021年1月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2021年1月配信分
  • 日経平均・米ドル円相場の週間展望/今週の一枚(鉱工業生産の推移)(1/4)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『馬渕治好の週次メモ「時の花」』2021年1月4日号の一部抜粋です。毎週いち早く馬渕氏の解説をご覧いただくには、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した項目もすぐ読めます。

【関連】2021年「日経平均4万円」に現実味。今が世界コロナバブルの初動だ=矢口新

【関連】元国税が教える「2021年版 節税の裏ワザ」税金還付は最強の財テクだ=大村大次郎

【関連】2021年の日経平均は3万円大台へ。大相場をつくる最大の要素は?投資家k.kの新春展望

【関連】2021年は米中共倒れで経済に大変革。元証券会社社長・澤田聖陽の5大予想

image by:PR Image Factory / Shutterstock.com
1 2

馬渕治好の週次メモ「時の花」』(2021年1月4日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

馬渕治好の週次メモ「時の花」

[月額1,650円(税込) 毎週月曜日]
毎週の、日経平均株価と米ドル円相場の見通しを、数値を挙げて解説します。前週の見通しと実際の相場を比較し、予想が当たったか外れたかが、わかるようにしています。注目される図表を取り上げる、「今週の一枚」のコーナーもあります。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー