fbpx

統一教会と自民党を結ぶ「票とカネ」。菅内閣に9名の利害関係者、日本会議とも共通する思想とは=原彰宏

「反共産主義」で日本の政治に関与

「勝共連合」は、機関紙として『国際勝共新聞』・『思想新聞』、月刊誌『世界思想』を発行、関連会社の「世界日報社」が日刊新聞、『世界日報』を発行しています。

統一教会(家庭連合/天の父母様聖会 世界平和統一家庭連合)と政治を語る上で、文鮮明-岸信介の「国際勝共連合」の思想を見る必要があるようです。

国際勝共連合ホームページには「さよなら、日本共産党」と題した特集をトップページに載せています。

共産党と共産主義の欺瞞と間違いを明らかにする……。創設直後から、大学、労働組合、一般人を対象とした反共講演会を開催してきました。学生を中心とした遊説隊による街宣活動、台湾・フィリピン・韓国などと交流して、PL教団青年部など宗教団体に働きかけも行ってきました。

「反共産主義」というところで見れば、保守政党との親和性が高いことが伺えます。となると、いまの共産党を巻き込んだ野党共闘は、絶対に許せないのでしょうかね。

確かに、立憲民主党の支持母体である「連合」には、いまだに強い共産党へのアレルギーがあります。

先の衆参補欠選挙においても、共産党の人たちと、同じ壇上に立つことを連合は極端に嫌っていました。立憲民主党議員にも、共産党議員と横並びに立ってテレビなどに映ることを避けるように要請していたようです。

安倍前総理を輩出した「清和会」に近い思想

国際勝共連合の運動方針には「共産主義の脅威から我が国を守る」とありますが、その他にも

・ジェンダーフリーや過激な性教育の廃止
・「選択的」夫婦別姓に潜む共産主義の索道を阻止
・男女共同参画基本法の改廃
・憲法改正
・緊急事態宣言基本法の制定
・スパイ防止法の制定
・日本版NSC(国家安全保障会議)の設置
・集団的自衛権の行使容認
・非核三原則の改廃
・武器輸出三原則の改廃
・防衛産業を成長戦略に盛込む
・宇宙の軍事利用を促進

などなど、安倍前総理を輩出した「清和会」に実に近い思想となっています。日本会議や神道政治連盟にも通じるところがあります。

おそらく国会議員の中には、日本会議、神道政治連盟、国際勝共連合(統一教会:家庭連合/天の父母様聖会 世界平和統一家庭連合)どれとも接点がある人も、保守勢力にはいると思います。

ネット上では、統一教会(家庭連合/天の父母様聖会 世界平和統一家庭連合)主催の各地イベントに、自民党議員が参加しているという記事をよく見かけます。
※参考:【連載】政界宗教汚染〜安倍政権と問題教団の歪な共存関係(鈴木エイト)- ハーバー・ビジネス・オンライン

また統一教会(家庭連合/天の父母様聖会 世界平和統一家庭連合)関連の企業も多くあり、表向きではわからないまでも、国会議員が間接的に関係している現状もあるように思われます。

Next: 菅政権の閣僚にも9名いる?政教分離の日本でどう説明するのか

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー