fbpx

日経平均1年10ヶ月振りの下げ幅で当面の底打ちか?それでも大底と言えぬ5つの指数動向=山崎和邦

1月の日経平均の下げ幅は1,789円であったが、下降第1波の9月7日30,700円から1月27日の安値までは、正確に4,000円幅を下げた。コロナ第1波の3月の時以来の下げ幅となるが、その時の大底とは様相が異なる。このまま上昇相場に乗るとは考えないほうがよい。(「週報『投機の流儀』」山崎和邦)

※本記事は有料メルマガ『山崎和邦 週報『投機の流儀』』2022年2月6日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

米市況との当面の関係

先週末の米国市場では、NYダウは35,089ドル(▼21)と小幅安、ナスダック指数は14,098(+219、+1.5%)と、前日のハイテク株の大幅下落の反動高となっている。雇用統計の結果を受けて、一段の金融引き締め観測で景気を冷やすとの見方で景気敏感株が売られたが、一方では利ザヤ拡大期待で金融株は買われた。

北京五輪後のウクライナ情勢、3月FOMCを控え、相場不安定の中で不安材料に乗った投機筋の売り崩し等はあろう。「相場に振らされる側」ではなく「相場を見極める側」となれるようなポジション管理を徹底したい。

2021年6月に過去最高水準にまで達したSKEW指数は、大きく低下している。120水準のボトムと株価のボトムは概ね一致しており、季節性を踏まえても、「(短期的な)買い」の目線で2月相場と対峙したい。

1月は2020年3月以来、1年10ヶ月ぶりの下げ幅

2020年3月と言えば、2020年3月15日号で「(換金して現金で持続しようと長く呼びかけてきたのは)この一日に用いんがため」と檄を飛ばした3月19日の16,500円を大底とした、あの時の下げ幅のことを言う。

1月は、1ヶ月で見れば1,789円の下げであったが、昨年のダブルトップ(この可能性があると、昨年晩秋から本稿では述べてはきたが、結局はそうなってしまった)の9月の30,700円台から見れば、正確に4000円幅を下げた。これが昨年の9月以降の3波である。

第1波の9月~10月で約▼3,500円、及び11月~12月の下降第2波の下げ幅は約▼2,400円、及び第3波の約▼3,300円であるが、常に「どんな下降趨勢でも、必ず中間反騰はあるものだ」と本稿で繰り返し述べてきた通り、大きな中間反騰を2度演じているので、結果的には下降第1波の9月7日30,700円から1月27日の安値まで、正確に4,000円幅を下げたことになる。

NYダウの話をすれば、1896年発足以来の130年間、20%以上下げると大勢の趨勢変化としてきたが、それは14回しかない。激動しているように見えるが、激動するのは「世界一の世界景気敏感株だ」と言われる日本市場だ。

それでも「20%安で大勢下降」とするなら、約6,000円下がらなければ大勢の趨勢変化とは言えない。「20%安の24,000円」という上手い買い場はなさそうだ。そうはいっても、大きな景気変動の都度、日経平均株価は20%以上を上下して方向を変えてきた。

戦後5大景気の景気動向指数の方向転換と日経平均の方向転換を示すと、下表のようになる。

「当面の陰の極」と「コツンと来た感じ」とは違う

1月第4週までは悲観ムードで1,900円以上を下げたが、月末の28日から2月2日の4営業日で下げ幅の約6割~約7割を回復した。1月第4週までの悲観ムードは、一転して買いモードに変わった。これは売られ過ぎの買い戻しというリバウンドだろうと本稿では見ている。ここで、相場の流れが大きく上昇傾向に出たとは考えない方が無難であろう。確かに、1月末は「当面の陰の極」ではあったが、これが「底を打った」ということにはならないであろう。

騰落レシオから見ても、25日線との乖離率から見ても、松井証券が発表する信用取引の評価損益から見ても、売られ過ぎのレベルではあって「当面の陰の極」であったが、本当の意味で「コツンと来た感じ」というほどではない。

この「コツンと来た感じ」というのは証券界の標準語であるが、この主観的な表現に定義はない。乖離率でいくらか、騰落レシオでいくらなのか、出来高でどうなのか、追い証の発生率でどうなのか、信用取引の評価損でどうなのかという定義がない。ただ、過去のことを参考にするしかない。

昨年3月15日号の時を参考にすれば、

1)バフェット指数は完全に100%を大きく下回って警戒ゾーンを脱していた。

2)1週間の下げ幅は3,300円に達した。

3)PBRは0.8倍になった。

4)騰落レシオは40%。

5) 25日線との乖離率はマイナス20.5%という状態だった。

ちなみに16年2月の壮年期相場の崩壊時は、騰落レシオは53%を示現した。これと同じ状態がこれからあるとは思えないが、「当面の陰の極」と「コツンと来た感じ」とは違う。

東証一部の信用買残の評価損益比率は▲15%に拡大してきた。「相場を見極める側」としては、信用取引での追証で値段構わず売らざるを得ない「相場に振らされる側」の投げ玉に買い向かう姿勢で臨みたい。

株式市場は「生き馬の目を抜く」ところであり、既に「青春期相場」を過ぎた現局面はその傾向が強まっている。

Next: 業績上振れ銘柄に買いが入ったが、賞味期限には注意せよ

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー