fbpx

史上最大の資産インフレ到来か。異次元金融緩和による止まらぬ通貨価値の下落=菅下清廣

各国中央銀行がマネーバブルの出口戦略を取る中、日米株価は上昇の動きを見せています。しかしそう簡単にインフレが下がるとは思えません。今後、数ヶ月の動き次第では、未曾有の資産インフレがやってくる可能性があります。(『菅下清廣の”波動からみる未来予測”』菅下清廣)

【関連】死ぬまで働かされる人生から脱出!「経済の千里眼」菅下清廣氏の新著紹介

※本記事は『菅下清廣の”波動からみる未来予測”』2022年8月15 日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:菅下清廣(すぎした きよひろ)
国際金融コンサルタント、投資家、経済評論家、スガシタパートナーズ株式会社代表取締役、立命館アジア太平洋大学学長特別顧問。ウォール街での経験を生かした独自の視点で相場を先読みし、日本と世界経済の未来を次々と的中させてきた「富のスペシャリスト」として名を馳せている。「経済の千里眼」との異名も。著書に『今こそ「お金」の教養を身につけなさい』ほか多数。

波動から見る日経平均の陽転

「7月20日に相場は陽転した」とスガシタボイス会員の皆さんにお伝えしました。

なぜか?

まず第一に、私独自の波動論からそう判断しました。

“株式相場が陽転した”というのはどういう意味かと言うと、長らく底値圏でもみ合っていた株価がようやく底入れして、立ち上がった。

つまり株価が上昇し始めたのです。

人間の心理で言えば、今までモヤモヤしていたのが吹っ切れて、目標に向かって行動開始という感じです。

では私独自の波動論とは何か?

価格の波動と時間の波動による判断です。

まず価格の波動では、7月20日に日経平均株価の日足チャートで、上にマドをあけて上がり始めています。

日経平均日足(SBI証券提供)

日経平均日足(SBI証券提供)

その後、陽線3本連続して、酒田五法でいう“赤三兵”(あかさんぺい)という形が出た。
赤三兵という型は強い上昇暗示、つまり、これから株価が上昇しますよというサイン(予兆)とされています。

また時間の波動、古来、日柄とも言われますが、昨年2021年9月に2番天井をつけて、日経平均株価は、その後、下落調整局面が続いていました。

日経平均週足(SBI証券提供)

日経平均週足(SBI証券提供)

2020年3月19日の1万6,358円のコロナショックの安値から始まった上昇相場(コロナバブル相場)が、2021年の2月16日、9月14日に3万円の大台を奪回、ダブルトップ(2番天井)をつけて、株価の下落トレンドが続いていたのですが、ようやく株価は7月を転機として反転上昇のトレンドに入ったと言えるのです。

なぜか?

2021年9月に株価が天井をつけてから7月、8月、9月で約1年。

コロナバブル相場のような大きな上昇相場の後は、少なくとも数ヵ月もしくは12~13ヵ月休むというのが時間の波動から見る、経験法則です。

その日柄で判断すると、7月に株式相場が陽転して、8月に新しい上昇の動きが出てきて、9月頃までに当面の戻り高値をつけてもみ合うという展開が予想されます。

以上が相場の波動から見た、東京株式市場の現状分析と目先きの相場見通しです。

米国株式相場は7月から反転

さらに株式相場が7月に陽転したと判断した、もうひとつの理由は、米国株式相場がナスダック、NYダウともに6月末頃までにFRB(連邦準備制度理事会)の利上げ、金融引き締めという株安材料(情報)を当面織り込んで、7月相場入りから反発し始めたことです。

とくに、米国と世界の株価上昇をけん引してきた、ナスダックが底入れして7月は反発しました。

NASDAQ週足(SBI証券提供)

NASDAQ週足(SBI証券提供)

ナスダック総合株価指数は、6月末比で7月は12%高となり、2020年4月以来の月間上昇率となっています。

アマゾンは7月に月間で27%、アップルは19%上昇しています。

この米国株の反発高、ナスダックの戻りが一時的なものなのか、当分上昇波動が続くのかは、まだ判断できませんが、先週末8月12日金曜日のNYダウは424ドル高、プラス1.27%、ナスダックは267ポイント高、プラス2.09%、また先週末の日経平均株価は727円高、プラス2.62%の2万8,546円と2万8,500円近辺の壁を突破しそうな動きになっています。

それに加えて最近まで弱気相場(ベアマーケット)が続いていた仮想通貨市場にリスクマネーが入ってきています。

直近のビットコイン現物は330万円台をつけて6月下旬の安値230万円台から約100万円上昇しています。

イーサリアムも同じく6月下旬の安値12万円近辺からほぼ倍以上の26万円台をつけています。

米国ナスダックの復活、アップル、アマゾン、テスラなど主力株の上昇、ビットコイン、イーサリアムの続伸ということになれば、マネーバブル相場第2幕が切って落とされるということになるが、果してどうでしょうか?

Next: 通貨価値下落で未曾有の資産インフレ相場が到来

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー