fbpx

利上げめぐる米中の駆け引きは「アメリカ有利」 7月利上げの可能性高く=斎藤満

6月6~7日に米中戦略・経済対話が開催されます。米国からはジャック・ルー財務長官などが参加するために訪中しました。これを巡って、すでに両国の担当者から駆け引きと思われる発言が聞かれます。特にFRBが進めようとしている政策金利の引き上げをめぐる駆け引きが注目されます。(『マンさんの経済あらかると』斎藤満)

プロフィール:斎藤満(さいとうみつる)
1951年、東京生まれ。グローバル・エコノミスト。一橋大学卒業後、三和銀行に入行。資金為替部時代にニューヨークへ赴任、シニアエコノミストとしてワシントンの動き、とくにFRBの金融政策を探る。その後、三和銀行資金為替部チーフエコノミスト、三和証券調査部長、UFJつばさ証券投資調査部長・チーフエコノミスト、東海東京証券チーフエコノミストを経て2014年6月より独立して現職。為替や金利が動く裏で何が起こっているかを分析している。

利上げを阻止したい中国、中国の不良債権ビジネスを狙う米国

アメリカと中国、それぞれの思惑

まず、この米中戦略・経済対話を前にした2日、中国の朱財政次官はロイター通信に対し、「FRBの政策変更は、中国と世界経済に多大な影響を及ぼす。今日の世界経済は大幅な下振れ圧力に直面している。それだけに、中国や市場とのコミュニケーションを改善すべきだ。」と述べ、FRBの利上げをけん制しています。

【関連】低迷に喘ぐ中国経済は「10月信用危機」を切り抜けられるか=斎藤満

一方、米国側ではルー財務長官が3日、中国に渡る前にソウルでロイター通信に対して、「中国が市場開放や経済改革という目標を後退させれば、中国経済や米国との二国間関係において『非常に悪い結果』が生じる」との認識を示しました。

そして米中戦略対話では、改革や過剰設備の削減に取り組むよう圧力をかけると述べました。

つまり、中国は何とかして米国の利上げを阻止するか、遅らせたいと思い、米国は中国に改革を進めさせ、そこに米国がビジネス面で関わりたい、という認識が伺われます。

米国の場合は、中国が過剰設備、債務での改革を進める過程で、不良債権ビジネスをやりたい、という事情があり、これらを巡って両者の駆け引きが行われることなります。

対中強硬路線に舵を切るアメリカ

米中間では、前回の上海G20で「上海密約」があったと言われ、米国が李首相に経済改革を促す一方で、FRBは利上げを見合わせた経緯があります。

その当時に比べると、現在の米国では、対中強硬路線をとるネオコン(新保守派)勢力が影響力を高めています。それだけ、中国から見ると交渉のハードルは高まっています

一方で、中国では李首相が音頭をとって過剰設備の削減などの改革と景気対策をとってきましたが、その最終権力者である習近平がこれに難色を示し、改革が進みにくくなっています。

そして習主席と李首相の関係が必ずしもうまくいかななくなっています。この夏の北戴河の会合では、来年の人事が大きなテーマになりますが、李首相を外すとの構想が指摘されます。

Next: 6月は見送りでも、7月利上げは譲らないアメリカ/中国経済に大打撃も

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい