fbpx

英国EU離脱「本当のリスク」~欧州に手を伸ばすプーチンと米ネオコンの狙い=斎藤満

英国EU離脱問題で1つはっきりしているのが政治的ダメージです。これは大小さまざまのレベルで生じますが、最大の問題はEUがノーベル平和賞の返上に追い込まれる懸念です。(『マンさんの経済あらかると』斎藤満)

プロフィール:斎藤満(さいとうみつる)
1951年、東京生まれ。グローバル・エコノミスト。一橋大学卒業後、三和銀行に入行。資金為替部時代にニューヨークへ赴任、シニアエコノミストとしてワシントンの動き、とくにFRBの金融政策を探る。その後、三和銀行資金為替部チーフエコノミスト、三和証券調査部長、UFJつばさ証券投資調査部長・チーフエコノミスト、東海東京証券チーフエコノミストを経て2014年6月より独立して現職。為替や金利が動く裏で何が起こっているかを分析している。

崩れる「1つの欧州」、高まる政治的・地政学的リスク

前例のない不安

先週10日の世論調査で、英国がEUから離脱すべきとの声が「残留」派を大きく上回ったとして、欧米市場に不安が広がり、株価の下げ連鎖が広がりました。NY市場での「不安」を示すVIX指数も22台にのせるなど、2日連続の大幅上昇となりました。

しかし、市場が何に不安を抱いているのか、必ずしも明確ではありません。「前例のない不安」が不安を呼んでいる面があります。

【関連】すんなり上がるわけがない。英国民投票で最初に試される東京市場=E氏

中には、英国がEUから離脱すれば、そうでない場合に比べ、英国の輸出や設備投資が抑制されてGDPが長期的に1%から5%縮小する、との試算もありますが、その根拠は明確ではありません。

ロンドン・シティ(米国のウォール街のような金融中心地)が最も影響を受ける、との見方がありますが、具体的なイメージがわきません。

結局、具体的な経済ダメージを想定して欧米株が下げていると言うより、何が起きるかわからない不安によって下げている面が否めません。

しかし、1つはっきりしているのが「政治的ダメージ」で、これが及んで経済的ダメージに広がるリスクはあります。この政治的ダメージは大小さまざまのレベルで生じます。

EUはノーベル平和賞返上?

最大の問題は、EUがノーベル平和賞を返上しなければならなくなる懸念です。

EUがノーベル賞をもらったのは、欧州の戦乱の歴史を、欧州の政治統合によって、二度と戦争に導かないような政治枠組みを作ったため、という趣旨でした。

イギリス、ドイツ、フランスが一つの組織になることで、いがみ合いを避けることができ、実際戦後70年の平和を実現しました。

そればかりか、欧州が1つになったことで、ロシアの欧州進出も難しくなり、むしろロシアの「緩衝地帯」と見られた周辺国が、次々と西欧になびいてしまい、ロシアが政治的に重要な「緩衝地帯」を失い、孤立化に向かったほどで、「1つの大きな欧州」は着実に成果を上げてきました。

ところが、ここで英国がEUから離脱すると、本来の平和を志向した「1つの欧州」の構図が崩れてしまいます。再びアングロサクソン(英国)とゲルマン帝国(ドイツ)の対立が生じてもおかしくない図式となり、この両国にどの国が付くかで、欧州がまた二分されるリスクがあります。

Next: 再び欧州に手を伸ばすプーチン/英国EU離脱が欧州紛争の火種に

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい