fbpx

黒田バズーカ第3弾「余地はない」 門間前日銀理事の指摘の重み=久保田博幸

日銀執行部が認めないマイナス金利の問題点と追加緩和の皮算用

さらに門間氏は、明確な効果が出ていないのにどんどんマイナス金利を深掘りしていくことは「慎重に考えた方がよい」とも語っている。

「明確な効果が出ていない」とはっきり言い切ってしまっているが、これについて日銀執行部は認めたくはなかろうが、これが現実であろう。

7月28、29日の金融政策決定会合における追加緩和の可能性については門間氏は明言は控えているが、英のEU離脱など世界経済のリスクを重視するなら、追加緩和をするという判断はあり得るともしている。

しかし、その場合の手段については明確にしていない。

市場参加者も7月の決定会合では政府の経済対策とも歩調を合わせての追加緩和を予想する向きは多い。しかし、実際に何をするのか、何ができるのかと問われるとトーンダウンせざるを得ない。

黒田総裁ならばあらたなバズーカを用意できる、バーナンキ前FRB議長のアドバイスをもらってのヘリコプター・クロダが生まれるのではとの期待もあるかもしれない。

しかし、日銀はすでに「常識的な判断」からは袋小路に追い込まれつつあることも確かであり、追加緩和はかなり無理をしてのものとなることも意識しておく必要があろう。

【関連】ヘリコプターマネーの危険性~巨額債務は国民の預金で返済すべし?=久保田博幸

【関連】7月日銀会合 Bloomberg日高記者の「ガセネタバズーカ」復活はあるか?=E氏

【関連】手詰まり日銀「緊急対策会議」のゴールが1ドル100円割れとなる理由=斎藤満

1 2

牛さん熊さんの本日の債券』2016年7月12日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー