fbpx

バフェットの心変わり。なぜ賢人はIT企業への投資を決断したのか?=東条雅彦

バフェット氏は「アメリカを強くする企業」に投資している

ウォーレン・バフェット氏は、2016年2月28日に公開した「バフェットの手紙」の中で次のように述べています。

「過去240年に渡り米国に逆張りの投資をするのは最悪の間違いだった」
「今も(逆張り投資)を始める時期ではない」

バフェットはアメリカの長期的な経済成長を確信しています。さらに手紙の中では次のように述べています。

「商業と革新における金のガチョウは、これからもたくさん、大きな卵を産み続ける!」

アメリカは今後も技術革新や民間の創意工夫で成長が続く、という見通しを持っていることを表明しました。

アメリカは「情報空間」において、先進国で唯一の支配者となっています。

金融とIT…この2つを聞いて、ピンと来た人はかなりバークシャー通だと思います。実はバークシャーのポートフォリオの3割以上は「金融業」で占められているのです。
Warren Buffett : Latest Portfolio

この円グラフを見ると、「Financial(金融)」が33%を占めています。

<金融業の代表銘柄>

  • ウェルズ・ファーゴ 18%
  • アメリカン・エクスプレス 7%
  • USバンコープ 2.6%

さらに、「Technology(IT)」が12%を占めています。

<IT企業の代表銘柄>

  • IBM 9.5%
  • アップル 0.8%

「Financial」と「Technology」を合計すると、45%になります。バークシャーのポートフォリオの半数が、金融とITで占められているのです。

バフェットはアメリカを強くする企業に投資しています。アメリカは情報空間(金融+IT)で覇権を取っており、バークシャーとしても、IT企業を無視するわけにはいかなくなっているのです。

Next: IT企業への投資でも決して揺るがない「バフェットの投資原則」とは?

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー