fbpx

日経平均は終値15,900円割れなら要警戒~株式ペンタゴンチャート分析=川口一晃

日経平均株価は上値の重たい展開が続いている。今週はアメリカのFOMCおよび日本では日銀の金融政策決定会合が開かれる。利上げそしてマイナス金利が焦点となっており、その結果次第で大きく動く可能性はある――正五角形の黄金比率で相場を読み解く「ペンタゴンチャート」の第一人者・川口一晃氏による最新分析をお届けします。(『☆ペンタゴンチャート分析<株式編>』)

ペンタゴンチャートの見方
(1)ローソク足(値段)は各辺に沿って動いたり、各点に引き寄せられる
(2)各点が変化日になる
(3)各点に引き寄せられたもののその点に到達できなかった場合には反転する
(4)中心点の上方を通過すれば次のペンタゴンは上方か真横、下方を通過すれば真横か下方に付く
(5)時間の逆行は起きてはいけないこととされている

黄金比率で読み解く、日経平均株価、NYダウ、ナスダックの見通し

日経平均株価 下げ止まるか

日経平均株価 ペンタゴンチャート

日経平均株価 ペンタゴンチャート

先週のレポートでは、BCラインに注目した。BCラインが上値抵抗線になるのであれば、上値の重たい展開になると考えられたからだ。実際には、指摘通り、BCラインが上値抵抗線となり上値の重たい展開になっている。

次の注目日は9月26日前後である。
A点水準:約15,900円
B点水準:約17,500円
C点水準:約16,500円
E点水準:約16,900円

今週のポイントは、下げ止まることができるのか否かということである。

あくまでも個人的見解

C点に注目したい。先週末にC点が位置する時間帯に到達した。したがって、週明けに新しい動きが出るのか否かがポイントになるからだ。

(川口の捉え方…取扱いに注意)上値の重たい展開が続いている。今週はアメリカのFOMCおよび日本では日銀の金融政策決定会合が開かれる。利上げそしてマイナス金利が焦点となっており、その結果次第で大きく動く可能性はある。いくつかのケースを紹介しておきたいと思う。あくまでも、個人的な考え方だ。

上昇に転じた場合、E点水準を終値で超えるのか否かが一つのポイントになる。超えれば赤線水準を試すことになり堅調な展開を期待できる。逆に、E点水準を終値で超えることが出来なかった場合には、再度軟調な展開になっていく可能性が高くなろう。

下落に転じた場合、ADライン水準が下値の第1メドになる可能性がある。下げ止まれば、落ち着いた動きになっていこう。しかし、ADライン水準を終値で割り込んでいくと、下値不安が広がるので要注意だ。なお、中長期的には軟調な展開になっていくことを心配している。

値動きのポイント

上昇のエネルギーの強い相場は維持されている。上値のメドとして17,200円前後を考えている。下落エネルギーの相場に転換するポイントは赤丸水準の15,900円を終値で割り込むことである。

現在のシナリオ

下げ止まる可能性がある。C点が位置する時間帯に陽線が出現し、BCDラインを超えてきたと考えられる。また、CEラインに沿って推移していく可能性も残っているからだ。

第2シナリオ

このまま上値の重たい展開が続く可能性もある。上値抵抗線BCDラインに沿って推移している。また、下値支持線と期待されたACEラインを割り込んでも来ているからである。

なお、MACDは売りシグナル点灯から下落トレンドが鮮明になってきた。スローストキャスティックスの数値は下落が続き、30%台前半となっている。

Next: ニューヨーク・ダウ 嵐の前の静けさ~米国市場分析

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー