fbpx

山本幸三大臣「命取り」の釈明。疑惑の1億5千万円はどこに消えたのか=新恭

「アベノミクスの仕掛け人」として知られ、8月の内閣改造で初入閣を果たした山本幸三地方創生相に一大スキャンダル! 一部週刊誌の報道によると山本大臣は、衆院予算委分科会で、“知人”が嫌疑者となっているインサイダー取引事件に言及し、その調査の中止を求めるかのような質問を行いました。さらには大臣自身が当時、事件の関係先である投資会社の代表取締役に就いていたとのこと。メルマガ『国家権力&メディア一刀両断』の著者・新 恭さんはこの疑惑について「解かねばならない謎はまだまだある」として、国会における野党の厳しい追求を求めています。

カネで繋がった“知人”を擁護し、証券取引等監視委員会を“恫喝”

アベノミクスの仕掛け人・山本幸三新大臣に重大疑惑

地方創生大臣として初入閣した山本幸三にかかわる見過ごせない記事が、週刊文春と週刊新潮、ライバル二誌の9月8日号に、掲載された。いずれも、内容はほぼ同じ。知り合いのエリート銀行員が金融業者にインサイダー情報を流し証券取引等監視委員会の強制調査を受けたことに対し、山本が国会質問のなかでクレームをつけた話を中心に、まとめられている。

【関連】「二重国籍」蓮舫 vs.「未成年同性買春」武藤貴也、ファイッ!=ちだい

山本幸三といえば、日銀にマネーをどんどん刷れ、とけしかけている「アベノミクスの狂信的応援団のひとりだが、ときに大蔵官僚時代からの過剰なエリート意識が災いするのか、人を小馬鹿にした言動をとる。だが、こういう人物ほど、タコツボにこもりやすく、怪しげな話に乗りやすい。

彼がブルーエコノミー・ホールディングという投資ファンド運営会社の代表取締役に就いたのは同社設立時の2010年3月11日のことだ。投資ファンドに資金を集め大儲けしようとたくらんでいた旧知の榊原康寛という人物に話を持ちかけられた。

「非常勤、無報酬かつ一時的」という条件で引き受けたと山本は週刊誌の記者に語っている。結局この会社はうまくいかず、実際に報酬を出すどころではなかったようだが、そもそも代表権のある社長までやって、そんな言い訳が通用するはずもない。

ただ、山本らが儲かろうと儲かるまいと、そんなことはどうでもいい。問題はこの投資会社に、前述したインサイダー取引事件の金融業者とエリート銀行員がからんでいたということだ。金融業者は横浜市に住む加藤次成という。エリート銀行員とは三井住友銀行から子会社の日興コーディアル証券(現SMBC日興証券)に執行役員として出向していた吉岡宏芳のことである。

Next: 山本氏はインサイダー取引事件の調査にどんな「圧力」をかけたか

1 2 3 4

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい