fbpx

「二重国籍」蓮舫 vs.「未成年同性買春」武藤貴也、ファイッ!=ちだい

皆さんは、蓮舫議員の二重国籍問題をどう見ているだろうか。この矛盾におかしさを感じない人は、目先の金ばかりを追いかける無能なモンスターたちに殺されていくことになる。(『原発ニュース最新情報』ちだい)

※本記事は、『原発ニュース最新情報』2016年9月13日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

二重国籍問題の「矛盾」におかしさを感じない人たちへ――

蓮舫議員の「二重国籍」は論理的に不可能

皆さんは、蓮舫議員の二重国籍問題をどう見ているだろうか。

民進党の代表選のタイミングで、代表候補の蓮舫議員に日本と台湾の二重国籍問題が浮上し、メディアが懸命に「二重国籍の人間は国会議員にふさわしくない」という論調を広げている。

【関連】小池百合子を圧勝させた「選挙の技術」と鳥越俊太郎「7つの敗因」=ちだい

海外では、二重国籍の人はそれほど珍しくないし、二重国籍の人が議員をしていることもある。しかし、今回はネトウヨにとって憎き蓮舫の疑惑なので、徹底的にバッシングしている。

ただ、これだけは言っておかなければならない。

蓮舫は二重国籍にはならない

バッシングしたいがために「二重国籍」を大問題のように言っているが、日本は中国様の圧力で台湾を国として認めていないため、そもそも台湾という地域に「国籍」という概念がないのだ。

仮に台湾の記録から籍が外されてしなかったとしても、国ではないので「国籍」が存在しない。存在しないものを壮大にバッシングしているのだから、オバケと戦っているようなものである。

それでもバッシングの嵐が止まないのは、とにかく蓮舫を叩きたくて仕方がないのだろう。

Next: 武藤貴也議員の「未成年同性買春」も法的には無罪。しかし――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい