fbpx

「小型株投資の天才」ラルフ・ワンガーを成功に導いた5つの視点=山田健彦

エントリータイミングにも注意

ワンガー流の投資候補銘柄は、具体的にどのようなものになるのか。四季報オンラインのスクリーニング機能を使って以下の条件で検索をかけてみました。

  • 時価総額が千億円以下
  • 売上高が前期実績、当期予想、来期予想で、それぞれ前の期よりも最低10%の伸び
  • 営業利益、経常利益も同じく前期実績、当期予想、来期予想で、それぞれ前の期よりも最低10%の伸び
  • 自己資本比率が40%以上

結果は、13の東証一部銘柄、1つの東証二部銘柄、3つのジャスダック銘柄、そして22の東証マザーズ銘柄の合計39銘柄を抽出できました。

後は、四季報の会社概要などチェックして、テーマ性を内包した銘柄かを確認します。

エントリーのタイミングに関してですが、ワンガーはエントリーのタイミングは特に考慮していなかったのですが、やはり投資可能資金量が限られている個人投資家の場合はタイミングを重視すべきです。

基本は株価が上昇トレンドを描いている銘柄に飛び乗るのが賢明です。この続きはまた次回お話します。
無料登録はこちら

【関連】奇人?変人?だから何?株で成功したいなら「頭がおかしい奴」になれ=鈴木傾城

【関連】天才リンチ流「完璧な株」の条件にあてはまる“お宝銘柄”の探し方=山田健彦

【関連】ポール・チューダー・ジョーンズ~伝説の先物トレーダー現在の相場観は?=山田健彦

1 2 3

資産1億円への道』(2017年5月22日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

資産1億円への道

[無料 ほぼ 週刊]
資産が1億円あるとゆとりある生活が可能と言われていますが、その1億円を目指す方法を株式投資を中心に考えていきます。株式投資以外の不動産投資や発行者が参加したセミナー等で有益な情報と思われるものを随時レポートしていきます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー