fbpx

共謀罪ついに成立。「民主主義の死」を新聞各紙はどう伝えたか?=内田誠

【東京新聞】下降する内閣支持率

【東京】は1面トップ記事に、金井辰樹政治部長によるコラム。関連記事は2面に解説記事「核心」を含む3本、3面には法案内容への批判と国会ドキュメント、5面に社説、24面25面に「こちら特報部」は地方の法案反対の声、26面有識者のアピール、27面社会面に国会周辺の人々、さらに最終面28面には「9つの論点」を整理した「永久保存版」的な一覧。見出しから。

1面

  • 「共謀罪」成立へ強行
  • 自公 委員会採決を省略
  • 参院本会議 早朝にも可決
  • 多くの論点残したまま
  • 民主主義ないがしろ(金井政治部長)

2面

  • 「加計隠し」野党批判
  • 自民、都議選影響を回避
  • 与党委員長なのに…異例
  • 与野党対決法案 安倍政権 10年前も
  • 「共謀罪」不安尽きず
  • 一般人対象■心の中処罰
  • テロ対策 根拠曖昧
  • 「加計学園」文書 再調査きょうにも公表
  • 文科省、聞き取り終了

5面

  • 「共謀罪」
  • 法案 成立強硬は疑惑隠しか(社説)

24・25面

  • 「共謀罪」 県市町村議会 意見書40以上
  • 地方 届かぬ声に憤り
  • 反対や危惧…「なぜ強引に推し進めるのか」
  • 沖縄では「抗議活動 標的に」
  • 全国で続く「NOUVEAU」の声

26・27面

  • 国会 死にかけている
  • 七人委員会 アピール全文
  • ゴリ押し手法 頂点に
  • 自由が奪われる
  • 市民ら結集■参院騒然
  • 政権 めちゃくちゃすぎる 若者ら怒り

uttii(内田誠)の眼

フルスペックでの対応。

「民主主義ないがしろ」と題した金井政治部長のコラムは、1行目から、「異常というしかない」と、今回の事態を評する。採決の強行が珍しくない安倍政権下でも今回は特に異常で、自民党内からも全くの想定外という声が漏れたという。「審議時間の長短で採決時期を語ることには賛成できない」とする金井記者だが、参院法務委員会での審議時間17時間50分は、与党が目安とする「衆院の7割程度」にも遙かに及ばないとして、「質も量も、採決の機が熟していないのは明らか」であり、良識の府、熟議の府を標榜している参院の看板が泣いている」と。

金井氏のコラムの最大の特徴は、政府・自民党が「共謀罪」法案の採決を急いだ理由として、「各種世論調査では内閣支持率は下降カーブ」を描いている点を強調しているところ。差し当たり、都議選投票日の7月2日までには、今回の事態を有権者に「忘れてもらいたい」のではないかという。

だとすれば、金井記者が言うように「忘れないことが大事ということになるだろう。

さらに言えば、これから2週間余り、日本の有権者、特に東京都の有権者を取り巻く情報環境には、大きな力でバイアスが掛かることを覚悟しておかなければならないだろう。自民党が是非ともその評判を貶めておきたいと考える人物に関するスキャンダルなど、否定的な情報には特に注意を要する。耳目を引き、テレビの情報番組などが連続的に大きく取り上げやすい芸能人・有名人の醜聞なども要警戒だ。どれもこれも、「政治的健忘症」を引き起こす毒物と見定めるべきで、今から身構えておくことにしたいものだ。

あとがき

以上、いかがでしたでしょうか。

議会制民主主義については、無条件で素晴らしいものと見なすべきではないのかもしれません。しかし、今回の与党の振る舞いは、「民主主義を省略」する暴挙、いや、「民主主義を回避」した犯罪的な行為。この行為に責任のある政治家たち、とくに、安倍萩生田二階山口各氏は、永く責任を問われ続けることでしょう。これを許してはならないと思います。

というわけで、きょうはここまで。文科省が「加計文書」の「再調査」結果を公表し、「19のうち14の文書が存在していた」ことを認めました。文科大臣はもちろん、「怪文書」などと言っていたどこかの官房長官はどんなふうに責任を取るつもりなのでしょうか。
続きはご購読ください

<購読開始ですぐ読める! 6月配信済みバックナンバー>

・「加計」文書存在(6/16)
・「共謀罪」法案、強行成立へ(6/15)
・ 共謀罪採決強行か(6/14)
・与党、「共謀罪」法案を週内成立へ(6/13)
・トランプ氏は捜査中止を指示した(6/9)
・作業員4人内部被曝/イランでISのテロ、12人死亡(6/8)
・文科省現役職員、加計文書「共有されていた」(6/7)
・「怪文書」送受信欄の10人は実在/6カ国、カタールと国交断絶(6/6)
・ロンドンでテロ、7人死亡(6/5)
・天皇退位特例法案、衆院委可決(6/2)
・五輪費用の分担で大筋合意(6/1)


※本記事は有料メルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』2017年6月15日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方は、ぜひこの機会にバックナンバーもご購読ください。

【関連】アベ友記者レイプ嫌疑を忖度した中村格元刑事部長に「新疑惑」が浮上=山岡俊介

【関連】総理のご意向と裏腹に「安倍内閣が目指す日本」を疑いはじめた国民=近藤駿介

【関連】「テロ対策」の御旗のもとに~共謀罪で得をする人、損をする人=斎藤満

【関連】安倍政権を共謀罪成立に駆り立てる「警察への借り」と「岸信介の亡霊」

1 2 3 4

uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』(2017年6月15日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

uttiiの電子版ウォッチ DELUXE

[月額440円(税込)/月 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)予定]
新聞には見えない文脈が潜んでいる……朝日、読売、毎日、東京の各紙朝刊(電子版)を徹底比較、一面を中心に隠されたラインを読み解きます。月曜から金曜まで毎朝9時をメドに【ショートバージョン】を、その後、夕方までに【フルバージョン】をお届け。読み手は「吉田照美ソコダイジナトコ」(文化放送)や「スーパーニュース・アンカー」(関西テレビ)でコメンテーターを務め、現在はネット上のテレビ局、『デモクラTV』の内田誠。まぐまぐ大賞2年連続受賞に輝く<uttiiの電子版ウォッチ>を編集したHTML版の〈豪華版〉です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー