fbpx

似ているようで違うトランプ・ショックとブレグジット、市場さらに乱高下も

新興市場も「中立」。両指数ともに堅調

新興市場も「中立」。本日は両指数ともに堅調。昨日からようやくマザーズ指数も底打ち反転の流れに。主力のそーせいG<4565>、CYBERDYNE<7779>がともあれ決算を通過し、出尽くし感から買われる展開になりました。それに合わせてマザーズ指数も活気を帯びてきた感じ。アメリカでもトランプ大統領誕生以後売られていた「IT系」の株に買い戻しが入ったことも、安心感に繋がりました。

そーせいG<4565> 日足(SBI証券提供)

そーせいG<4565> 日足(SBI証券提供)

CYBERDYNE<7779> 日足(SBI証券提供)

CYBERDYNE<7779> 日足(SBI証券提供)

やはり、そーせいGの5月高値から信用期日も越えて、反発しやすい環境にはなっていました。もう一つ市場で話題となったのは、筆頭株主が個人投資家の五味大輔氏になったこと。mixi<2121>などの大株主だったこともあり、マザーズの主として名を馳せています。うーん、攻めますね-。どういう投資勘なのか、一度お話を伺ってみたいものですね。

【関連】真の「トランプリスク」はこれからだ~1000円超の下ヒゲも慢心は禁物 – 山崎和邦 わが追憶の投機家たち

【関連】ドル高・株高は警戒水準、トランプの本心を見極めたいタイミング=持田有紀子

【関連】痛恨の勘違いも? ジョージ・ソロスの「予言的中率」を検証してみた=東条雅彦

1 2 3

KA.Blog』(2016年11月16日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

KA.Blog(有料版)

[月額990円(税込) 毎週 日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
無料メルマガ「KA.Blog」の有料版です。無料メルマガの場合、相場の見通しは平均週2回程度しか発行しませんが、有料版の場合は基本的に日曜~木曜まで毎日発行します。(※個別株の推奨はありません)

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー