fbpx

アマゾンが世界中のお買い物から「注文手続き」をなくす日=三浦茜

3:アマゾンダッシュレプレニッシュメントサービス

そしてさらに進化したのが、アマゾンダッシュレプレニッシュメントサービス。アマゾンダッシュボタンを応用した仕組みで、ボタンを押す必要すらなく勝手に注文してくれます。メーカーが自社製品への組み込みを可能にするAPIをアマゾンが提供しています。

我が家ではこのサービスが搭載された浄水器のブリタを使っており、蓋の開け閉めの回数をカウントして、フィルターの替え時になるとブリタ自身が替えフィルターをアマゾンで注文してくれます。

これまでは変更時期を冷蔵庫の扉に書いておいて、2ヶ月経ったら替えてましたが、結構忘れちゃうんですよね。アマゾンからフィルターが届けば、替え時の通知にもなるし、結構便利に活用しています。

またブラザーの一部プリンターはこの仕組みにより、インクがなくなりそうになったらプリンターが次のカートリッジをオーダーします。

アマゾンダッシュレプレニッシュメントに対応した米びつ、醤油瓶などが欲しいです。お米や醤油がなくなりそうになったら勝手に注文してくれる。

これによりアマゾンは、Eコマースから注文すらも排除してしまいました。

注文すらしないお買い物がはじまる

これまではお買い物は、お店に買いに行くものでしたが、ネットが普及して家でインターネットで買い物するようになり、そしてこれからは注文すらしなくなる…というのは衝撃じゃないですか!?買い物が大きく変わろうとしているのを感じます。

最初のスキャナーは商品探し&検索を排除しました。2つ目のボタンは、注文のみ。決済(お会計)を排除しました。そして最後のレプレニッシュメントサービスは注文すら排除しています。

レジなしスーパー「AmazonGo」の発表も衝撃的でしたが、商品を売るだけでなく、お買い物の未来を見据え、そのスタイルまで変えてしまうアマゾンは本当にすごい会社だと思います。来年も引き続きアマゾンの動向が楽しみです。

【関連】アマゾンのAI食料品店『Amazon Go』はあと5年で世界を何色に塗り替えるか?=吉田繁治

【関連】Googleが不老長寿の薬を開発して、寿命が500歳になるかもしれない話=三浦茜

【関連】おっぱいのプロによるとおっぱいの形は9種類あるらしい。ThirdLove胸の形辞典より=三浦茜

1 2

サンフランシスコからよしなしごとを発信していきます

Be Magnetic!(三浦茜ブログ)

2014年からサンフランシスコに住んでいます。アメリカで暮らしていて気づいたことや、使ってみたサービスの感想など。日経MJなどでも書いてます。最新UpdateはTwitterまたはFacebookをFollowしてください。Follow @akaney | プロダクトハンターあかねのネタ帳

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい