fbpx

私が各種セミナーに600万円注ぎ込んで気づいた「本当の成功とは何か?」=山田健彦

前回の記事では、『世の中を分ける普遍の法則』として「2対8の法則」や「3:10:60:27の法則」を紹介して、トップ3%の人は常に明確な目標を持ち、それをノートに書いて段階的に実行していたということをお話しました。

【前回記事】「資産1億円」の正体。なぜ富裕層と呼ばれる人たちは意志が強いのか?=山田健彦

全体の60%+27%の人は、自分に対して自信がないので、何かに自分を変えてもらおうと考えていろいろな商材に飛びつくタイプ。ただ向き合う態度ができてないので中々自分は変わりません。

その他、自分で自分の脳を洗脳しようマインドセットが大事ということもお伝えしました。大きなお金を稼ぎ、それをコントロールするためには、それなりの精神状態を確立しておかないとすぐにお金は逃げていってしまいます。では「成功するためのマインドセットとは一体何か?」というところで終わったわけですが、今回は「成功」について考えていきます。(『資産1億円への道』山田健彦)

闇雲に追い求める前に…あなたにとっての「成功」とは何ですか?

金銭的な成功だけじゃつまらない

いろいろな成功哲学のセミナーやプログラムでは、「金銭的な成功」が唯一の成功のように宣伝し、理解されています。しかし、よくよく中身を見てみると、成功とは金銭的なものだけではありません

筆者は成功哲学のプログラムやセミナーに、今まで600万円くらい投資しています。プログラムを買うときやセミナーに行く度に、家内から呆れた顔をされていました。なぜそれだけのお金をつぎ込んでいたのかというと、筆者の自分自身に対する自尊心というか、セルフイメージが低かったからだと思います。前回お話した『3:10:60:27の法則』でいうと、自分は27%の「何をしても上手くいかず、常に世の中に対する不平、不満を抱えている層」に属しているんだろうなとずっと思っていましたし、また、今でも時々そう思うことがあるからだと思います。

このことを人に話すと、「それは本来の自分の理想像がすごく高いところにあって、それと比べると現在の自分は…と考えてしまうからだよ。理想を高く掲げるのは決して悪いことではない」などと妙に慰められていまいますが、いずれにしても成功哲学を学んで、このプログラムに自分を変えてもらおうという甘えがあったのだと思います。

一つのプログラムを買って、しばらく時間が経って、それでも変わらない自分を見つけて、また別のプログラムを買ったり、セミナーに出たり。プログラム販売会社にとっては、良いお得意さんになっていたようです。

まあ、それでも「昔に比べると、だいぶ精神的に成長したわよね」と時々ではありますが、家内に言われ、そこそこの成果はあったのかな、とも思います…。前置きが長くなりましたが、「成功とは何か」に戻ります。

Next: 成功哲学あるある。「スケジュール手帳」を使った目標設定の落とし穴とは?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー