fbpx

「トランプに捨てられた」安倍首相の危ない片想い~日米2つの破局ルート=斎藤満

「トランプ失脚」で日本孤立も

「トランプの米国」には多くの敵がいますが、そのトランプ政権に「べったり」の日本がトランプ氏と同様の批判を受け、日本が孤立するリスクと、万が一トランプ政権が倒れた場合に、日本が「もう1つの米国」とうまく付き合えるのか、が大きな問題になります。

トランプ氏の支持率は、大統領就任直前で40%、不支持率52%(ギャラップ調査)と、半分以上が反トランプとなっています。

今回の就任式典では、米国の芸能人の多くが、トランプ氏と関われば後々の仕事に支障をきたすとして、出席を拒みました。

民主党議員も60人が出席を拒み、式典の会場後方はガラガラで、反対派がブーイングしたり、無関心で居眠りしたりする人々も見られました。

世界でも何百万人単位の抗議デモが、女性中心になされました。

米国議会においても、新しい閣僚人事について、議会が承認した閣僚はここまで2人に留まり、その下で働く実働部隊は、ほとんど決まっていません。それだけ、行政部門でも反トランプ派の影響力が大きいことが分かります。

二股で総スカン?

大統領選でのロシアの介入をトランプ氏自ら認め、それでもロシアのプーチン大統領を尊敬し、経済制裁を解除しようとの動きに対して、欧州などから批判の声が聞かれます。

日本がそのトランプ氏にべったりで、さらにプーチン大統領にも尻尾を振ることが、日本孤立につながるリスクがあります。

Next: 安倍政権の「統一教会つながり」外交は心もとない

1 2 3
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー