fbpx

個人投資家が忘れてはならない、東芝<6502>というクソ株の教訓=坂本彰

危険すぎる賭け…個人投資家は何を思って東芝株を買ったのか?

私から読者様に伝えたいことは「上場企業から噴出する悪材料は1つ、1回では終わらない」ということです。怪しい企業は避けるという心構えで運用方針を作っていきましょう。

東芝は昨年11月にも不正会計で問題になったばかりです。それにも関わらず、2016年12月度のNISA口座買い付けランキングで5位となっています。

個人投資家は、どんな気持ちで同社を購入したのでしょうか?

「知名度があるから大丈夫」
「倒産はしない」
「いざとなったら助けてくれる」

もし、そのような軽い気持ちで投資先を選んでいるとしたら、大変危険です。知名度があっても、ブランド企業でも倒産するときはあっという間ですし、そうなったら投資した資金はゼロになります。

日経新聞では、その隣にタカタがエアバッグ問題がらみで、有力スポンサー候補が2陣営とも法的整理を提案している記事も書かれておりました。

一発逆転は、ドラマや映画のように起こる可能性が非常に低いです。株式投資は資産運用であることをお忘れなく。

【関連】投資家が警戒する「第2のプラザ合意」と超円高を日本が回避する方法=矢口新

【関連】3つの質問ですぐわかる!「株式投資で成功する人、しない人」=坂本彰

【関連】「早く大地震が来てほしい」築古マンションが直面する苛酷な現実とは=廣田信子

1 2

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン』(2017年1月27日号)より一部抜粋
※太字はMONEYVOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

日本株投資家「坂本彰」公式メールマガジン

[無料 毎週2回程度]
サラリーマン時代に始めた株式投資から株で勝つための独自ルールを作り上げる。2009年10月、130万円だった株式資産は2015年に5000万円を突破。定期預金などを合わせた資産は1億円に。平成24年より投資顧問業(助言)を取得。現在、著者自身が実践してきた株で成功するための投資ノウハウや有望株情報を会員向けに提供しているかたわら、ブログやコラム等の執筆活動も行う。メールマガジン「日本株投資家 坂本彰 公式メールマガジン」は2014年まぐまぐマネー大賞を受賞。読者数2万人。雑誌等のメディア掲載歴多数。2016年12月1日『「小売お宝株」だけで1億円儲ける法』が日本実業出版社より発売!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい