fbpx

アップルCEOクック氏の「買い煽り」コメントを読解して英語力アップ!

投資家にとって「英語力」はとても大切!膨大な英文リソースを情報源とするにも、要人発言をいちはやく理解し優位なポジションを建てるにも、利益確定後に金髪美女とハイタッチするにも、最低限の英語力は欠かせません。

そこで、24日にアップル<AAPL>株価を一時的に押し上げたというティム・クックCEOの注目コメントを題材に、ちょこっと英語トレーニングを。FRB議長の会見が「ハロー」しか分からないあなたも大丈夫!コツは「70%解釈」なんです。

世界同時株安でアップルCEOが異例のコメント

ファイナンスグロービッシュ講師のToshiです。

今週は、中国株式市場の暴落(中国版ブラックマンデー)で世界同時株安という波乱含みの市場になっています。

そんな中、アップルCEOのティム・クック氏が市場にメッセージを出しました。

“Apple leads technology stock recovery amid China fallout”

An email from Tim Cook to “Mad Money” television host Jim Cramer helped save Apple nearly $80bn in its market value amid the China-induced slide on global stock exchanges on Monday.

After the company’s stock started the week 10 per cent down following a “Black Monday” for Chinese equities, Apple’s chief executive insisted in a rare intervention that consumer demand in Apple’s most important growth market remained “strong”.

出典:フィナンシャルタイムズ 2015.08/25

<今日のキーワード>

【amid】=~の最中
【“Mad Money”】=CNBCのテレビ番組名
【insisted】=主張・強調する
【intervention】=干渉

<第1パラ>

主語部分=An email from Tim Cook
動詞部分=helped

<第2パラ>

主語部分=the company’s stock
動詞部分=started

主語部分=Apple’s chief executive
動詞部分=insisted

グロービッシュ的70%解釈例

できるだけ英語の語順(特に主語と動詞の部分)で解釈するようにします。
そのほうが英文を速く読めるようになるからです。

“Apple leads technology stock recovery amid China fallout”

「アップルはテクノロジーでリードする、株価回復を中国暴落の最中で」

An email from Tim Cook to “Mad Money” television host Jim Cramer
helped save Apple nearly $80bn in its market value amid
the China-induced slide on global stock exchanges on Monday.

ティム・クックからの「Mad Money」 テレビ(ホスト=ジム・カルマー)
へのEメールは、アップルの800億ドル近い市場価値をサポートした、
中国発の世界同時株安の最中に。

After the company’s stock started the week 10 per cent down
following a “Black Monday” for Chinese equities, Apple’s chief executive
insisted in a rare intervention that consumer demand
in Apple’s most important growth market remained “strong”.

同社の株価が10%ダウンでスタート(中国版
ブラックマンデーに続いて)の後、
アップルのCEOはめずらしく強調した、アップルの最も重要な
成長マーケットにおける消費者の需要は依然強いままだと。

では、また!
See you !

アップル<AAPL> 週足(SBI証券提供)

アップル<AAPL> 週足(SBI証券提供)

毎朝3分!グロービッシュでフィナンシャルタイムズを読む(解説付)』(2015年8月26日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

毎朝3分!グロービッシュでフィナンシャルタイムズを読む(解説付)

[無料 ほぼ 平日刊]
海外の投資や運用を始めてみたいけど、英語が苦手で不安だという方へご存知でしたか?フィナンシャルタイムズなど海外の金融経済新聞の約70%は中学高校レベルの英語で構成されていることを。また、HSBCなど海外銀行の口座開設で必須の英会話。これも極めてシンプルな英語で対応が可能です。このメルマガでは、非ネイティブのための世界共通英語「グロービッシュ」を活用して、中学英語でもフィナンシャルタイムズの約70%が理解できるようになるリーディングの方法や海外投資に必要な英語を<最小限の時間と努力で>上達させるノウハウをご紹介していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー