fbpx

日経平均7日続伸で「7年連続上昇」に助走開始、米中休戦を好感(12/3)

今日の相場

◎日経平均:2万2,574.76(+223.70)△1.00%
◎TOPIX:1,689.05(+21.60)△1.30%
◎売買高概算:13億4,078万株
◎売買代金概算:2兆4,306億円
◎時価総額:628兆5,545億円
◎値上り銘柄数:1,579  ◎(年初来)新高値:44
◎値下り銘柄数:472  ◎(年初来)新安値:4
◎変わらず:68
◎騰落レシオ(25日):123.40%(前日比9.62%上昇)
◎サイコロ(日経平均):8勝4敗 ●●〇●●〇〇〇〇〇〇〇 66.6%
◎カイリ率(日経平均):25日線比 +2.91% 75日線比 +0.03%

◎為替
対ドル:113.52(先週末比0.06円安)
対ユーロ:128.95(先週末比0.17円高)

◎出来高上位
1.みずほ<8411> 188.5円(+0.2円)10,780万株
2.三菱UFJ<8306> 630.0円(+5.5円)5,357万株
3.シンバイオ<4582> 259円(+40円)3,050万株
4.日経Wイン<1357> 1,130円(-25円)2,209万株
5.ルネサス<6723> 589円(+54円)1,951万株

◎売買代金上位
1.日経レバE<1570> 2万320円(+390円)1,802億円
2.SBG<9984> 9,653円(+127円)700億円
3.トヨタ自<7203> 7,032円(+229円)653億円
4.任天堂<7974> 3万4,840円(+230円)500億円
5.ソニー<6758> 6,122円(+185円)401億円

経済指標の結果:法人企業統計

本日発表された2018年7~9月期の法人企業統計によりますと、金融業と保険業を除く全産業の売上高、経常利益、設備投資の前年同期比増減率は下記のようになっています。

     全産業(製造業  非製造業)
売上高  +6.0%(+4.3%  +6.6%)
経常利益 +2.2%(-1.6%  +4.6%)
設備投資 +4.5%(+5.1%  +4.2%)

全産業の売上高は前年同期比6.0%増と8四半期連続の増収で、前期(4~6月)の5.1%増から伸びが加速しました。内訳では、製造業の増収率が前期(6.7%増)から鈍化、非製造業は前期(4.5%)から伸びが拡大しています。

全産業の経常利益は2.2%増となり9四半期連続の増益を確保しましたが、前期(17.9%増)から伸びが大幅に鈍化しています。内訳では、製造業が前期(27.5%増)の大幅増益から減益に転じ、非製造業も前期(12.4%増)から伸びが鈍化しました。

全産業の設備投資は4.5%増で8四半期連続で増加しましたが、約11年ぶり大きな伸びとなった前期(12.8%)からは鈍化しています。

なお、来週月曜日発表の2018年7~9月期の国内総生産(GDP)改定値に反映される「ソフトウェアを除く全産業」の設備投資額は季節調整済みの前期比で4.0%減と5四半期ぶりに減少しています。

【関連】ゴーン逮捕で「移民法」のスピン報道に成功、日本をカースト構造にする移民政策へ

【関連】そろそろ仮想通貨の夢から醒める時。無価値なものに一般人を巻き込んだのは誰か?=矢口新

【関連】日本に背を向ける韓国、来たるべき経済危機をどう克服するのか?=勝又壽良

1 2

ハロー!株式』(2018年12月3日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ハロー!株式

[無料 ほぼ日刊]
「週刊ダイヤモンド」「日経ネットトレーディング」「初歩のパソコン」にも紹介され、3年連続で「マネー部門第1位!」の実績に加えて「まぐまぐ殿堂入り」の無料投資情報誌です。役立つ情報満載で必見。株式相場見通し・投資ノウハウ、有望銘柄情報を10年以上に渡って配信しています。ぜひともご活用下さい!

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー