fbpx

通信障害で嵐の船出、ソフトバンク上場は成功するか?過去最大2.6兆円も不人気のワケ=栫井駿介

ハイリスク・ハイリターンなら親会社へ投資すべし

一方で、それだけではつまらないという人には、親会社であるソフトバンクグループへの投資をおすすめします。

通信子会社を上場させるのも、新たな投資を行うための資金調達手段に他なりません。調達した資金を使って、より成長が見込める事業に投資しようとしています。

投資会社としてのソフトバンクグループの特徴は、誤解を恐れずに言うならハイ・レバレッジ投資です。多額の借入金を利用し、大きなリスクを取ってだれも追いつけない成長を目指します。これは、借金を嫌うバフェットとは対極の考え方です。

ソフトバンクグループの純有利子負債は約13兆円あります。投資会社と考えるなら、保有株式の時価が25兆円なら、純資産は12兆円(25兆円-13兆円)になります。

ところが、相場の変調や投資の失敗で保有株式の時価が3割下落したとすると、資産額は17.5兆円、純資産は4.5兆円です。その結果、3割の資産価値下落に対し、半分以下の純資産価値になってしまいます。

反対に、保有株式の時価が3割上昇したとすると、資産価値は32.5兆円、純資産は19.5兆円で6割増加します。つまり、成功しても失敗しても、純資産の変動幅がより大きくなる投資を行っているのです。

181213sotbank_4

大きなリスクを取りながらも、安定した通信子会社を上場させて成長企業に投資するのは、孫社長にそれだけの自信があるからでしょう。

実際にこれまで数々の投資を成功させてきた張本人です。これからも投資に成功し続けるなら、ハイ・レバレッジが功を奏し、企業価値を大きく伸ばすことになるでしょう。

多少のスリルと大きな成長を求めるなら、通信会社のソフトバンクよりも、親会社ソフトバンクグループへ投資も一考すべきと考えます。


つばめ投資顧問では、株式投資による資産増加にとことん付き合うプロジェクト「スノーボール計画」を実施しています。ゆっくり幸せなお金持ちになる!「スノーボール計画」にあなたも参加しませんか?

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

image by:Ned Snowman / Shutterstock.com

【関連】ZOZOTOWNとユニクロの全面戦争勃発!アパレル業界の覇権を握るのはどっちだ?=栫井駿介

【関連】ひとり負けの「かっぱ寿司」、好調のスシロー・くら寿司とどこで差がついた?=栫井駿介

【関連】ニトリにとどめを刺された「大塚家具」、久美子社長が犯した2つの戦略ミスとは=栫井駿介

【関連】日本人のビール離れが止まらない。大手4社の「生き残り」対策に明暗=栫井駿介

1 2 3 4

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2018年12月13日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー