fbpx

分散投資は無知に対するヘッジ!分散か集中か選ぶべき正しいタイミングとは=山田健彦

分散投資をすすめる格言は投資の世界に数多くありますが、実際に投資をするうえで効果的なのでしょうか?今回はそのメリット・デメリットについて解説します。『資産1億円への道』山田健彦)

格言や書籍で分散投資をすすめるのには理由がある

投資のテキストは分散投資をすすめるが…

筆者は日本証券アナリスト協会に属している証券アナリストの端くれでもありますが、証券アナリストとなるために学習する理論体系の1つに「現代ポートフォリオ理論(Modern Potofolio Theory)」と呼ばれるものがあります。

この理論はハリー・マックス・マーコウィッツ氏が「資産運用の安全性を高めるための一般理論形成」によりノーベル経済学賞を1990年に受賞したことで有名になりました。

単純化すると「異なる値動きをする複数のものに分散投資することで、同じリターンを得る際にリスクを極小化する方法がある」というものです。

「分散投資は投資の鉄則」だと聞いたことがある方が多いかもしれません。金融の世界では、昔から「卵は一つのカゴに入れるな」という格言もあります。手持ちの卵(資産)を全て1つのカゴに入れてしまうと、そのカゴを落とした時に全部割れるリスクがあります。ですからカゴは複数にする分散投資が一番よいという考え方です。

1社の会社の株に資産のすべてを投入すると、その会社が倒産してしまうと、すべての資産がなくなってしまいます。また倒産しないまでも、その会社の株価が下がれば自分の資産も毀損します。

だからこそ、株価の動きが異なる複数の会社の株を保有していれば、ダメージも限定的だ、という意見です。

しかし、著名投資家の本を読んでみると、分散投資をすすめるような内容はまず、お目にかかりません。

例えば、投資の神様と言われているバフェット氏は『分散投資は、リスクヘッジではなく「無知に対するヘッジだ」』と発言しています。

1997年からの約13年間で指揮するマゼラン・ファンドを700倍の規模にまで育てたピーター・リンチは「個人投資家なら5銘柄程度に投資をすべき」「株式市場では、確かな1銘柄はよく分からない10銘柄に優る」と語っています。

Next: 投資のプロは分散投資をしているのか?

1 2 3

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい