fbpx

分散投資は無知に対するヘッジ!分散か集中か選ぶべき正しいタイミングとは=山田健彦

分散投資は富を守る、集中投資は富を築く

分散投資が正しいのか、集中投資が正しいのか様々な意見が分かれています。どちらが正しいのかは、永遠に決着がつかないと思いますが

分散投資は富を守り、集中投資は富を築く」という格言があります。

ある程度の資産を築き上げた人には分散投資を、まだ資産形成の途上の人には集中投資をということです。

現在のあなたは資産を守る立場ですか、それとも資産を築く立場ですか?

再度ピーター・リンチの言葉ですが、「個人の投資は5銘柄程度にすべき」「株式市場では、確かな1銘柄はよく分からない10銘柄に優る」と言っています。

ヨコの分散投資とタテの分散投資

上記はヨコの分散投資、つまり異なる銘柄、異なる資産、異なる通貨、異なる国への投資についての話です。

分散投資にはもう一つ、タテの分散投資があります。これは時間分散を行い、同じ銘柄を異なる時期に買い続けていくものです。


有名なのは「積立投資」と呼ばれるもの
で、毎月一定額で同じ銘柄を買い続けていきます。株価は高いときも低いときもありますが、長期に渡り積立投資を行うことで、高いときは少ない株数を、安いときは多い株数を購入していきます。

こうすることで、株価の乱高下をうまく乗り切れることが出来る、と言われています。

【関連】「給料上がってない」は一部の人の感想なのか?麻生氏暴言と矛盾するGDPマイナス成長=今市太郎

【関連】なぜビットコインはここまで落ちた?ブロックチェーン技術は衰退へ向かうのか=高島康司

【関連】「宝くじ」で夢を買って現実を毟られる庶民たち、なぜ買うのをやめられないのか?=鈴木傾城

1 2 3

資産1億円への道』(2018年11月28日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

資産1億円への道

[無料 ほぼ 週刊]
資産が1億円あるとゆとりある生活が可能と言われていますが、その1億円を目指す方法を株式投資を中心に考えていきます。株式投資以外の不動産投資や発行者が参加したセミナー等で有益な情報と思われるものを随時レポートしていきます。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー