fbpx

警戒解けず…昨夜のNYダウは464ドル安、2万4,000ドル節目の下側が継続=児島康孝

12月20日(営業日)のNYダウは、464ドルの下落でした。終値は、2万2,859ドル。2万4,000ドルの節目の下側に位置しています。(『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』児島康孝)

有料メルマガ『「ニューヨーク1本勝負、きょうのニュースはコレ!」連動メルマガ』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

「上がればラッキー、下げてあたり前」に対応できるポジションを

NYダウ464ドル安、ドル円111円台前半

12月20日(営業日)のNYダウは464ドル下落し、終値は2万2,859ドルでした。

NYダウ 日足(SBI証券提供)

NYダウ 日足(SBI証券提供)

きのう(20日)は日経平均も595円安で2万392円となっており、株価の下落が急速に進んでいます。

日経平均 日足(SBI証券提供)

日経平均 日足(SBI証券提供)

また、ドル円は日本時間のきょう(21日)午前4時半ごろに一時、110円80銭付近まで、円高・ドル安が進んだ後、けさ8時半現在は111円20銭前後で推移しています。

株価にしても、為替にしても、動き始めると早いですから、事前に備えるしか仕方がありません。保守的な投資スタンスでは、株式投資のキャッシュポジションを2割から3割にしたり、また為替で外貨買い持ちの場合は、ポジションを少なめにします。

株式投資で、キャッシュが2割から3割というと、あまりキャッシュにしていないではないかと思われるかもしれませんが、これは上昇しても下降しても良いようにするためです。

「上がればラッキー、下げてあたり前」こういう状況に、対応するための方法です。

Next: 何の動きに注目するべき?今後、警戒するべきポイントとは…

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい