fbpx

日経平均は3日ぶりの反落、目先は新たな材料待ち。決算発表に一喜一憂か(1/16)=証券市場新聞

今日の東京市場は3日ぶりの反落、前日比112円54銭安の2万442円75銭で引け。ファーストリテイリングの下げが大きかったことも影響し、指数を押し下げた。(証券市場新聞 公式有料メールマガジン』)

16日の東京市場3日ぶり反落、日経平均は前日比112円54銭安

手がかり材料難から短期的な利益確定売り

16日大引けの東京市場は3日ぶり反落、日経平均は前日比112円54銭安の2万442円75銭で引けた。朝寄りはプラスに浮上する場面もあったが、円が若干強含んだことや上海市場の軟調を受けて下げ幅が一時200円超まで拡大、その後は下げ渋る動きで後場は小動きに終始した。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

個別ではSKジャパンがストップ安、古野電気、タカショー、アルテック、鎌倉新書、グノシーは値下がり率上位に売られ、ファーストリテや日立も安い。半面、トウキョウベースがストップ高、クボテック、マルカキカイ、北の達人、イオンファン、チェンジは値上がり率上位に買われた。

英国のEU離脱協定の議会採決は事前予想通り否決されたが、ニューヨーク市場ではダウが155ドル高で引けており、材料視されなかった。下げ渋った後は後場からは膠着感の強い動きとなっており、この日は手掛かり材料難から短期的な利益確定売りに押された印象が強い。個別では、ファーストリテイリングの下げが大きいことも指数を押し下げたともいえる。

目先的には新たな材料待ち、日米ともに決算発表に一喜一憂展開か。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】また忖度。勤労統計「データ改ざん」で露呈した見せかけの賃金上昇と雇用改善=斎藤満

【関連】中国が失う「世界の工場」「世界一の消費地」という強み、その悪影響を受けるのは日本=近藤駿介

【関連】ブレグジットは230票という大差で否決、この結果が示すイギリスの未来とは=児島康孝


※本記事は有料メルマガ『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』2019年1月16日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

証券市場新聞 公式有料メールマガジン』(2019年1月16日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

[月額3,780円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)今月5/20回(最終2017/04/12)]
タブレッドやスマホで購読できる証券専門紙「証券市場新聞」を発行しております。平日の毎日、新聞では紹介できない特別な情報をメールマガジンで配信していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい