fbpx

中国、経済大国から転落へ。トランプの策略で経常赤字・ウソ統計・高齢化の3重苦が襲う=勝又壽良

GDPを粉飾の狙い

地方政府が、国家統計局職員を威嚇してまで偽データを提出したところに、中国全体の「国家主義=GDP万能主義」が表面化していった証拠がみられます。

2010年、日本をGDPで抜いて世界2位の座を占めました。2009年以降は、GDPにゲタを履かせたのです。この勢いに乗って、「世界覇権」獲得へとエスカレートしたのでしょう。愚かな話です。

習近平氏は、偽りのGDPを知りつつ、さらに不動産バブルでGDPを押し上げる作戦を立てたのです。結局、これが墓穴を掘ってしまったのです。

「一人っ子政策」廃止の議論は、2010年以前に出ていました。この廃止の時期を誤り2015年まで延ばしてしまい、合計特殊出生率回復のチャンスを失ったと言えましょう。

GDP統計のカラクリと、不動産バブルに依存した経済政策に傾斜していく時期が、妙に一致するのです。その裏で、習近平氏が国家主席2期10年の任期制を外させる。あまりにも符節が合いすぎています。

GDPニセ統計は、習近平氏の国家主席の任期延長の材料に利用されたと見られるのです。

中国経済は空洞化へ

中国経済は、GDPニセ統計に象徴されるように空洞化が進行しています。ここまで書いて来たことを要約して、確認したいと思います。

第1は、合計特殊出生率の急低下によって、今後の生産年齢人口比率の急低下が見込まれることです。人口高齢化がいやが上にも促進されます。この結果、中国政府系シンクタンク、中国社会科学院は2027年に人口減に転ずると予測しています。既にピークを過ぎたとの分析もあります。働き盛りの年代は減り始め、習近平指導部は景気低迷に加え人口減少の難題に直面しています。

第2は、人口高齢化が貯蓄率の低下をもたらします。年金受給世帯の増加は、必然的に貯蓄率を引下げます。これが、国際収支の経常収支面にマイナス効果として表れます。

次に、中国と日本の対GDP比の経常収支黒字率を上げます。

<対GDP比の経常収支黒字率>

     中国    日本
2013年 1.54%  0.89%
2014年 2.24%  0.76%
2015年 2.71%  3.10%
2016年 1.80%  3.94%
2017年 1.37%  4.03%
2018年 0.73%  3.62%  (IMF予測)

中国が、日本と比べて劣勢にあることは明白です。

中国が、一帯一路で日本の経常黒字を狙って「ニーハオ」と笑顔を浮かべて接近してきた理由は、すべてここにあります。中国経済は、日本へ急速に接近することなしに、生存できないと言っても過言ではないでしょう。これもすべて、人口政策の失敗がもたらした面が大きいのです。

以上のように、中国経済は空洞化が進んでいます。

それでも、「人口世界一」という誤ったイメージで、安全保障上の危険対象国と見られています。それには、経済実態を無視した軍拡が理由です。

軍拡続けば第二ソ連

米国のペンス副大統領は4月3日、インド太平洋地域における中国の台頭でもたらされる安全保障上の課題に注意を払うよう、北大西洋条約機構(NATO)に呼び掛けました。ペンス氏は、ワシントンで開かれたシンクタンク主催のNATO創設70周年記念フォーラムで演説し、同地域の平和と安定を維持するために、NATOが米国に協力するよう期待すると述べたものです。<中略>

ペンス副大統領の演説は、中国が世界の普遍的価値観に挑戦する無法国家という位置づけです。確かに、そういう面がきわめて強く警戒すべき国家です。しかし――

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

※2019年4月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・米に閉鎖体質打破される中国、予想される経常赤字は「経済大国」転落(4/8)
・「不況神」文在寅、韓国を長期停滞へ引っ張り込む危険なワナ(4/4)
・経済混乱で出生率急減、韓国の未来を踏みつける文在寅の「罪」(4/1)
いますぐ初月無料購読!

image by:photocosmos1 / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『勝又壽良の経済時評』2019年4月8日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込864円)。

2019年3月配信分
  • 半導体不況直撃のサムスン 韓国経済は生き延びられるか(3/28)
  • 経済より南北問題 文氏は支持率上昇だけを目的の最悪政治(3/25)
  • 破綻した南北交流事業計画、IMFが早くも韓国経済テコ入れ策伝授(3/21)
  • 失業者の帰農急増が暗示、韓国経済崩壊へカウント・ダウン(3/18)
  • 「断末魔」中国、トランプの掌に乗せられ苦悶、一帯一路が負担に(3/14)
  • 文在寅の大誤算、日本企業「資産差し押え」は韓国衰退の引き金(3/11)
  • 建国70年、中国が遭遇する7つのリスクと韓国経済への影響(3/7)
  • 米朝会談決裂、韓国は思惑外れて窮地、揺れる「反日政策」の行方(3/4)

2019年3月のバックナンバーを購入する

2019年2月配信分
  • 文政権、労組と結託し南北統一準備、反日をテコに使う危険性(2/28)
  • 中国発不況ドミノ、揺さぶられる韓国経済は間もなく「激震」(2/25)
  • 韓国文政権、無謀政策で市民生活破綻、生活困窮者へ2度目の徳政令(2/21)
  • 韓国「文在寅」、在任21ヶ月で馬脚現わす説教政治と利益誘導の開始(2/18)
  • 人口「時限爆弾」抱えた中国、急速な経済成長率低下の危機に(2/14)
  • 韓国危機、元学生運動家が牛耳る未成熟政治の果てに起ること?(2/11)
  • 中国の奇跡終焉、市場開放か覇権狙いかで運命決まる(2/7)
  • 独善主義でルール無視、韓国の「硬直化経済」に大きな落し穴(2/4)

2019年2月のバックナンバーを購入する

2019年1月配信分
  • 「ファーウェイ激震」中国へ依存する韓国経済の決定的危機(1/31)
  • 「反日大統領」文在寅は弁護士感覚、国益無視で行く先は沈没経済(1/28)
  • 習近平が招いた国難、バブル崩壊で経済基盤ガタガタ回復力なし(1/24)
  • 韓国、危険な歴史観で「反日総仕上げ」、朝鮮民族を自画自賛(1/21)
  • 韓国、ジリ貧中国と道連れ、経済急減速で文政権立ち往生(1/17)
  • 中国、「9の付く年」必ず波乱、今年も何かが起る!(1/14)
  • 日韓水と油、独善主義の韓国は日本と協調なしで生きられるか(1/10)
  • 追い詰められる被告席の中国、冷戦回避に躍起の理由はこれだ(1/7)
  • 日韓決別!日本の安保戦略で役割低下、韓国へ「縁切り状」渡す(1/4)

2019年1月のバックナンバーを購入する

2018年12月配信分
  • 中国は大国のメンツ維持を優先、米へ妥協し経済危機回避へ必死(12/27)
  • アマチュアか無能力か 韓国文政権の危機予知能力を問う(12/24)
  • 貿易戦争で疲弊する中国、改革派が追い詰める習近平(12/20)
  • 労組のダメにした韓国経済が重態、文在寅は操り人形だったのか(12/17)
  • 中国ファーウェイ事件、米に急所握られ「中国ハイテク計画」見直し示唆で敗北宣言(12/13)
  • 底が抜けた韓国経済、文氏の支持率低下は「国民の悲鳴」(12/10)
  • 米トランプに追い込まれた中国 習近平の座に揺らぎはないか(12/6)
  • 混迷する韓国経済、文大統領が陥っている「ワナ」とは?(12/3)

2018年12月のバックナンバーを購入する

2018年11月配信分
  • 米国に尻尾を掴まれた中国、経済成長ままならず来年が危機(11/29)
  • 日本に背を向ける韓国、来たるべき経済危機どう克服するか(11/26)
  • APECでミソ付けた中国、孤立無援で米国と首脳会談「成果は?」(11/22)
  • 貿易戦争で窮地の中国、金融逼迫化で混乱状態へ(11/18)
  • 文在寅氏が、韓国経済を潰す可能性はこれだけ高い!(11/15)
  • 中国経済、外貨準備高3兆ドル割れがもたらす危機とは?(11/11)
  • 「2重苦」に苛まされる中国経済、個人消費がネックで立ち往生(11/8)
  • 日韓戦争100年、徴用工裁判が招く韓国の凋落(11/4)
  • 中国経済の危機は今、何合目なのか(11/1)

2018年11月のバックナンバーを購入する

【関連】パクリ商法を封じても中国は潰れない。今後、ファーウェイほか中国企業が技術覇権を握るワケ=高島康司

【関連】借金まみれの米国人が急増中。ついにリーマン危機当時の借金総額を超え、経済破綻は目前か

【関連】もう東京五輪に間に合わない。大手メディアが報じないサブトラック建設未着工と利権の闇=山岡俊介

【関連】道端の1セントを拾うビル・ゲイツと、拾わない貧困層。それこそが格差の起源だ=鈴木傾城

1 2 3

勝又壽良の経済時評』(2019年4月8日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

勝又壽良の経済時評

[月額864円(税込)/月 毎週木曜日(年末年始を除く)予定]
経済記者30年と大学教授17年の経験を生かして、内外の経済問題について取り上げる。2010年からブログを毎日、書き続けてきた。この間、著書も数冊出版している。今後も、この姿勢を続ける。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー