fbpx

ロシアがシリア・アサド政権を全力で守らなければならない真の理由=真殿達

ロシアのシリア空爆は地中海やカスピ海の潜水艦や艦船の参加を伴うもので、半端なものではなかった。そこまでしてテロに報復し、アサド政権を守る隠された理由は何か。ロシア国内へのテロ波及を未然に防ぐ、NATOの足並みを乱すといった副次的効果だけでは到底説明できない。(『投資の視点』真殿達)

筆者プロフィール:真殿達(まどのさとる)
国際協力銀行プロジェクトファイナンス部長、審議役等を経て麗澤大学教授。米国ベクテル社とディロン・リードのコンサルタント、東京電力顧問。国際コンサルティンググループ(株アイジック )を主催。資源開発を中心に海外プロジェクト問題への造詣深い。海外投資、国際政治、カントリーリスク問題に詳しい。

新ロシア・トルコ戦争~クルド族とガスパイプラインを巡る戦い

ロシアのシリア空爆で浮きぼりになった関係国の敵味方関係

世界は中東を軸に複雑化している。テロ、難民、ISIS、ウクライナ、EUと新興国経済不振、弱含みの続く国際商品市況等、多くが中東絡みだ。

その理解には複眼思考が求められる。ところが、ロシアのシリア空爆開始以降、国際関係の変数が増え複雑化したはずなのに、逆に絵解きは簡単になった。

関係国の戦略上の思惑がこれまで以上に露骨に見え始めたのである。

ロシアが1500キロメートル以上離れたカスピ海の戦艦や地中海に展開する原子力潜水艦から狙いを定めてシリア反政府勢力に巡航ミサイルをぶっ放せば、シリアの様々な反政府勢力と関係国の敵味方関係がはっきり色分けされる。

トルコとISISとの関係を見てみぬふりをしてきたアメリカも中途半端な対応を取れなくなり、ギアを上げてISISを空爆する。地上軍を派遣したくないアメリカには反アサド反ISIS勢力、つまり、クルド族と組む以外の選択肢はない

テロに立ち向かわなければならないEUはロシアのシリア空爆を歓迎する。

トルコにとってはISISよりもシリアのクルド族が元気づくことの方が問題である。1000万人以上のトルコ国内クルド族がシリアのように反政府活動に走れば、トルコの現体制は崩壊し、下手をすれば内戦に及ぶ。

徹底したトルコ化教育の成果で、クルド語を話すクルド族はトルコにはもういない。クルド問題を外国に指弾されても全員がトルコ人だといって頬かむりできた。アメリカもNATOの加盟国トルコをクルド問題で困らせたくはなかった。なのに――。

第1次世界大戦後のトルコ帝国分割で、クルド族の居住地であったメソポタミアからイランにかけての地域はトルコ、シリア、イラク、イランに分かれ総勢2500-3000万人のクルド族の国家形成はならなかった。

しかし、もしトルコで独立運動が起きれば、そしてシリアのクルドと結びつけば、その先はわからない。クルド問題は中東の火薬庫でもある。

Next: プーチン真の狙い、ガスパイプラインを巡る攻防

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい