fbpx

介護事業のM&Aで成長する、ソラスト<6197>の快進撃はまだまだ続くのか?=栫井駿介

スタンフォード大学MBAのエリート社長の実力

これができるのも、社長の力によるものでしょう。石川社長は、スタンフォード大学MBAを持ち、日商岩井から米GEなどを渡り歩いたエリートです。はっきり言って、業界には不釣り合いと言える存在です。

実は、ソラストは2012年にカーライル・グループと組んでMBO(非上場化)を行っています。そこでカーライルが連れてきたのが石川社長です。それまで不透明だった同社の経営を立て直し、2016年に東証一部に再上場させました。

カーライルはすでに株式を売却しましたが、石川社長は残りました。今は2030年に売上高を3.5倍、利益を4倍にする野心的な計画を立てています。再上場後の成長にも期待が持てます。

介護事業の利益の源泉は?

この会社で気になるのは、介護事業の利益です。一般的には利益を出しづらい業種で、業界平均の利益率は3%程度です。その中で6%を超える利益率は圧倒的ですが、その明確な要因が私としてはまだ腹落ちしていません。

規模の拡大で効率化できている部分も少なくないでしょう。また、ICTの活用も掲げています。

しかし、介護で最も大きなウェイトを占めるのは人件費であり、もしここを削っているのだとしたら、後々問題が起きる可能性があります。ここはしばらく様子を見たいところです。

また、M&Aを成功させるのは簡単ではありません。成功率は3割程度と言われます。そんな中、もし石川社長が退任するようなことがあれば、その後も成長を続けられるか疑問符が残ります。

決して大きくない会社だからこそ、トップの動向は大きな影響を及ぼすのです。この点は注意して見ておく必要があります。

直近で株価下落。割安感を見いだせるか?

直近では大きく株価を下げています。その原因は、公立病院や自治体の発注案件における談合で、ニチイ学館とともに公正取引委員会の立入検査を受けました。

※参考:医療事務で談合疑い 最大手のニチイ学館、2位のソラストなど3社に立ち入り検査-毎日新聞(2019年5月14日公開)

ソラスト<6197> 日足(SBI証券提供)

ソラスト<6197> 日足(SBI証券提供)

この事件は、業界における高いシェアが悪い方向に働いてしまったことが背景あり、予断は許しませんが、決して致命的なものではないと考えます。

問題は、下がった株価が割安かどうかということです。

今年の予想利益を基準としたPERは18倍ですが、特別利益を除くと実質的には約23倍です。割高ではありませんが、必ずしも割安とも言えません。

M&Aによる成長と業務改善による利益率向上で、今後も成長が見込める会社です。株価が更に下がるか、成長要因を確信できたら投資を検討する可能性もあります。

今後の動向を注意深く見ていきたいと思います。


つばめ投資顧問では、株式投資による資産増加にとことん付き合うプロジェクト「スノーボール計画」を実施しています。ゆっくり幸せなお金持ちになる!「スノーボール計画」にあなたも参加しませんか?

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

有料メルマガ『今週のバリュー株投資』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】死ぬまで働け?政府案「70歳雇用の努力義務化」で年金不足を企業に丸投げへ

【関連】悪夢の民主党政権と罵ったら、実は安倍政権のほうが悪夢だと判明した18年GDP結果=今市太郎

【関連】なぜバーガーキングが大量閉店?やや高めの飲食店が大苦戦するデフレ不況の闇=児島康孝

1 2

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2019年5月17日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー