fbpx

北朝鮮崩壊のカウントダウン~あえて核実験をやらせた米中の狙い=高島康司

無視できないテリー博士の分析とオバマ政権の真意

もしこのような見方が市井の分析者から出たものであれば、簡単に無視することができる。しかしこれが、ブッシュ、オバマ両政権の「国家安全保障委員会」で北東アジアの外交政策を立案していた人物の意見であるとしたら話は違ってくる。

スー・ミー・テリー博士はもともとCIA出身の分析官である。とするなら、情報分野にも相当に知見があり、キム・ジョンウン体制の自壊か、または自壊を誘導するアメリカの工作が存在ことを十分に知った上でこれを書いている可能性もある。

そのように見ると、水爆実験の動きを察知しながらも、北を止めるどころか、あえて実験をやらせたオバマ政権の真意も見えてくる。

つまり、水爆実験という脅威を口実にしながら、関係国との協調と結束を強化し、将来的に統一朝鮮を実現すべく、キム・ジョンウン体制が自壊する方向に誘導するということだ。もしこれが事実だとすれば、これはアメリカの北朝鮮政策の根本的な転換ということになる――


未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガでは、この続きとして以下の内容を詳しく解説しています。

あり得ない状況をあえて想像する~2003年イラク侵略戦争との類似性

北朝鮮崩壊が実現する4つの条件~それはすでに進展しつつある

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガは初月購読無料、1月中であれば今回の記事を含む当月バックナンバーは登録後すぐに読めますので、ぜひいちどチェックしてみてください。

【関連】「北朝鮮の水爆」は安倍首相のシナリオ通り?隠された日韓合意の真実=高島康司

1 2 3 4 5

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』(2016年1月15日号)より一部抜粋
※記事タイトル・リード文・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ

[月額880円(税込) 毎週金曜日]
いま私たちは先の見えない世界に生きています。これからどうなるのか、世界の未来を、政治経済のみならず予言やスピリチュアル系など利用可能なあらゆる枠組みを使い見通しを立ててゆきます。ブログ『ヤスの備忘録』で紹介しきれない重要な情報や分析をこのメルマガで配信します。『ヤスの備忘録』とともにお読みください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー