fbpx

バリュー株と成長株はどっちが有利?ハマると抜け出せないバリュートラップの正体=栫井駿介

結局どっちが儲かるの?相場環境で異なる期待値

それでは、どちらの方が儲かるのでしょうか。

もちろん、一概には言えません。ただ、その時々の相場状況で銘柄選択が変わってくるべきだと思います。

例えば、成長株の平均PERが30倍のタイミングなら、そこからさらにバブルが起きない限りはPERの上昇は見込みにくいでしょう。したがって、成長株投資は必ずしも有利ではありません。

逆に、成長株の平均PERが15倍のタイミングなら、PERが30倍の相場になるだけで2倍の利益が見込めます。(もちろん、成長株であり続けることが前提です。)

つまり、相場が良いときは無理に成長株に投資せず、相場が悪くなった時に成長株に投資すると、より高いパフォーマンスが望めるのです。

割安株は下値を抑えることでトータルのパフォーマンスを上げることを目指すものですから、相場にかかわらず有効性は高いと言えます。ただし、劇的なリターンをあげられるものでもありません。

つまり、相場が悪いときにこそ成長性を重視し、逆に相場が良いときは割安株またはキャッシュで守りを固めるのが王道です。PER等の指標を長年定点観測していれば、今が良い時なのか悪い時なのか見極められるようになります。

今はどうすべきか?私のポートフォリオ戦略

足元で言えば、中国の景気指標は明らかに悪化しています。10年にわたって続く世界的な景気拡大も終盤を迎えつつあり、不穏な空気が続いています。あえてPERの高い成長株に投資する局面ではありません

もちろん、個別銘柄で安くて良いものを探しているのですが、それがわんさか出てくるような状況ではないのです。どの銘柄も方向感がつかめません。

だからこそ、私は大きく下げた時に備えて、買うべき成長株をリストアップしています。いわば準備期間です。価格を気にせず分析していると、買いたい銘柄がどんどん出てきます。

これから大きく下げた時はチャンスです。その時は、残しておいた資金を積極的に投入し、かつ一部の割安株を売却してリストアップした成長株に入れ替えることで、ポートフォリオの期待値を上げることができると考えます。

もし割安株で含み損が出ていたとしても、それは仕方がありません。相場の先行きは読むことが困難だからです。入れ替えのために損切りすることは、決して悪いことではないのです。

このように、状況に応じてポートフォリオの入れ替えを行うことも時には必要です。自分なりの相場感を持ち、ポートフォリオの期待値を最大化することが、投資家にとって必要なスキルの一つなのです。

有料メルマガ『今週のバリュー株投資』好評配信中。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】物価が上がると苦しいだと?日本人の「デフレ崇拝」があと数十年後に日本を滅ぼす=児島康孝

【関連】香港デモが金融市場崩壊の起爆剤に。香港ドル消滅危機で富裕層は逃走準備を始めている=今市太郎

【関連】安倍首相は外交音痴か?日本を最高級の待遇で迎えたイランと、タンカー攻撃の真相=矢口新


つばめ投資顧問では、株式投資による資産増加にとことん付き合うプロジェクト「スノーボール計画」を実施しています。ゆっくり幸せなお金持ちになる!「スノーボール計画」にあなたも参加しませんか?

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

1 2

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2019年6月19日号)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー