fbpx

原油反発でNYはプラス引け。東京市場展望・日経平均株価と上下の節目(2/25)

ハロー!株式』より、昨晩のNY株式市場概況と本日2月25日(木)の注目点・話題/日経平均株価と上下の節目などをご紹介します。

NY株式市場は原油反発でプラスに転じる。本日の注目点は?

NY市況

ダウ工業株 16484.99(+53.21)+0.32%
ナスダック 4542.61(+39.03)+0.87%
S&P500 1929.80(+8.53)+0.44%
ダウ輸送株 7290.88(-34.29)-0.47%
半導体株(SOX) 613.34(+8.47)+1.40%
NY原油先物(4月限) 32.15(+0.28)
NY金先物(4月限) 1239.10(+16.50)
バルチック海運指数 322(+4)
米ドル/円 112.15(前日比0.04円安)
ユーロ/円 123.51(前日比0.21円安)
CME日経225先物 15940(+80)※大阪先物比

24日のNY株式市場は反発。原油相場の動きに連れてマイナスからプラスに転じました。

朝方の取引で原油相場が一段安となったことやルー米財務長官が上海で26日から開かれるG20財務相・中央銀行総裁会議について、世界的な市場の動揺への緊急対応を打ち出す可能性は小さいとの認識を示したことが投資家心理を悪化させNY株式市場はリスク回避の流れが強まりました。

米商務省が発表した1月の新築住宅販売件数は前月比日9.2%減と、予想以上の落ち込み。英調査会社マークイットが発表した2月の米サービス業PMIは49.8と、2013年10月以来2年4カ月ぶりに拡大・縮小の判断の目安である50を下回ったことも相場を圧迫しました。

こうした悪材料でダウは一時265ドル安まで下げ幅を拡大しましたが、その後原油相場が上昇に転じると株式市場でも売り圧力が弱まり下げ幅を縮小。売りポジションを中立に戻す動き(買い戻し)で主要指数は終盤にかけてプラス圏に浮上しました。

業種別では、ディスカウントストア、石油、ハードウェア、半導体、通信などが上昇し、金融や自動車、トラック輸送などが下落しました。

個別銘柄では、シェール大手のチェサピーク・エナジーが急騰。同社の10~12月期決算は大幅な赤字となりましたが、懸念されたほどではなく、資産売却と投資圧縮を伴う財務健全化策を好感した買いが入りました。強気の通期見通しを示したディスカウントストアのターゲットや好決算を発表した同業のTJXが上昇し、コストコもつれ高。増収決算を発表したホームセンターのロウズは下落して始まりましたが上昇に転じています。

フェイスブックやアップル、インテル、シスコシステムズなどハイテクセクターの主力株も序盤のマイナスからプラスに転じました。一方、アナリストが景気後退の影響を指摘したフォードやゼネラル・モーターズ(GM)などの自動車株が下落。アナリストが目標株価を引き下げたボーイングが下げ、エネルギー企業関連の不良債権増加が懸念されていウェルズファーゴシティグループなどの金融株も下落しました。

ダウ構成銘柄では、ユナイテッド・テクノロジーズ、アップル、インテル、ウォルマート、ホームデポなどが上昇し、ボーイング、ゼネラル・エレクトリック、アメックスなどが軟調でした。

NY原油先物(WTI)は反発。減産期待の後退で朝方は売りが優勢となり30.56ドルまで下げる場面がありましたが、週間在庫統計でガソリン在庫が予想以上に減少していことから買い戻しが広がり相場は急速に切り返しました。NY金先物はリスク回避の動きで買われましたが、原油相場が戻すと上げ幅を縮小させています。

Next: 本日の注目点と話題/日経平均株価と上下の節目

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい