fbpx

ファンダメンタルズの根拠は薄弱なまま…今晩のFOMCで利下げはあるのか?(9/18)=持田有紀子

今夜は、7月に「予防的」な利下げを行った後のFOMC。ファンダメンタルズ面からは利下げを続ける根拠が薄弱な中、パウエル議長はどういうスタンスを示すのか。(『持田有紀子のグローバル投資術~日経先物、FXの投資戦略に最強の味方~』持田有紀子)

※本記事は、『持田有紀子のグローバル投資術~日経先物、FXの投資戦略に最強の味方~』 2019年9月18日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:持田有紀子(もちだゆきこ)
慶応義塾大学法学部政治学科卒。野村証券入社、本社・商品本部で株式トレーダーを経て、女性初の総合職として本店営業部へ。株式オプション課や営業課を経験する。退社後は人事コンサルティングの分野で活動し、行動科学や心理学に基づく人事評価のためのコンピテンシーモデルの開発などに携わる。2005年にアルジャントレード(株)を立ち上げ、海外の先物市場や外国為替取引のノウハウの蓄積を活用した投資情報サービスに関わっている。現在、同社における代表取締役。マネーコンサルタント。

「予防的」利下げに続く、9月FOMCはいよいよ今晩

市場は今回も25ベーシスポイントの利下げを織り込み済み

今夜はFOMCである。7月に「予防的」な利下げを行った後のFOMCである。今回も25ベーシスポイントの利下げを行われるというのがマーケットのコンセンサスになっている。

今回も利下げするのだったら、いったい何のための予防だったのかと疑いたくなる。しかしトランプ大統領の圧力に屈したのを認めたくはないのだろう。

それだけ株価や雇用環境など、ファンダメンタルズ面からは利下げを続ける根拠が薄弱だからである。どういうスタンスを示すのか、パウエル議長の会見にも注目だ。

ところで直近の流れをみると、先週からドル金利の大きな巻き返しが起こった。短期金利では40ベーシスポイント以上もドル金利が上がってしまっているのである。

さすがに行きすぎの感はあった。それだと年内に75ベーシスポイントも利下げをしないといけないからだ。9月に50ベーシス、12月に25ベーシスを織り込もうとしていたのだ。

そこからドル金利が反発してきたといっても、依然として年内は50ベーシスの利下げは見込まれている。

日本時間 12時30分
日経=21840, 円債=154.07, JPY=108.22

続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『持田有紀子のグローバル投資術~日経先物、FXの投資戦略に最強の味方~』2019年9月18日号の一部抜粋です。日銀会合やFOMCなどの重要イベントを控えた今、平日毎日発行中のメルマガをリアルタイムで受信したい方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】バブル突入への危険な前兆?日経平均株価10連騰でバリュー投資家が確認すべきこと=栫井駿介

【関連】成長株が売り込まれるなか、大型株に資金が流入して日経平均は2万2,000円回復へ=武田甲州

【関連】なぜバフェットは成長したアップルを買った? 投資家が参考にすべき「身の丈予測」の極意=俣野成敏

image by: racksuz / Shutterstock.com

持田有紀子のグローバル投資術~日経先物、FXの投資戦略に最強の味方~』(2019年9月18日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

持田有紀子のグローバル投資術~日経先物、FXの投資戦略に最強の味方~

[月額3,300円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
海外の金融マーケットの動きと本日の作戦。日経先物やFX取引などでその日すぐに役立つトレーディングにおける作戦をはじめ、投資全般のパフォーマンス向上に役立つ情報や今後のマーケットview満載でお届けします。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい