fbpx

“ローコスト”な原発の正直なコスト~過酷事故の発生確率は4.3%/年=吉田繁治

1年間のうちに、日本のどこかで原発の大事故が起こる確率は4.3%

1基で1000年に1度の確率は、1000の目があるサイコロを、1年に1回投げるのと同じです。

1つの目に過酷事故と書いてあるとします(1/1000)。わが国には44基の原子炉があります。1年に44回、このサイコロを投げて、1回でも過酷事故の目が出る確率が1年間の事故率です。

逆数で言うと、44基の全部で過酷事故が起こらない確率は、〔0.999の44乗≒0.957=95.7%〕です。1年間に過酷事故が起こる確率は〔1-0.956=0.043=4.3%〕です。

つまり、1年間にどこかの原発で過酷事故が起こる確率は4.3%と高い。住宅の火災の確率は1年に0.1%です(1000年に1度)。火災に比較して、日本のどこかで原発の大事故が起こる確率は、43倍も高い4.3%です。住宅の火災以上に「保険」をかけておくべきでしょう。

しかし…原発は作ってしまっています(44基:2015年)。つまりコミットしてしまい、コストは発生してしまっています。今から廃炉にすれば、償却されていない設備の廃棄と廃炉の費用が新たに加わります。このため、政府は再稼働の方針を決めています

不安は、運転中のものが19基、建設計画が225基もある中国でしょう。

日本は、大陸から偏西風が吹く方向に位置し、万一沿岸部の原発で過酷事故が起これば、黄砂やPM2.5のように放射性物質が飛来するからです。

この場合日本を2度救った神風が、逆のものに転じます。確率は、「万一」です。日本の地理では、過酷事故が起こらないことを祈るしかないでしょう。

【関連】クルーグマンと浜田宏一氏の誤り~『2020年 世界経済の勝者と敗者』を読む=吉田繁治

1 2 3

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで

[月額660円(税込) 毎週水曜日]
●最新かつ普遍的なビジネスの成功原理と経済・金融を、基礎から分かりやすく説いて提供 ●時間がない、原理と方法の本質を知りたい、最新の知識・原理・技術・戦略を得たいという方に ●経営戦略・経済・金融・IT・SCM・小売・流通・物流を、基礎から専門的なレベルまで幅広くカバー ■新規申込では、最初の1ヶ月間が無料です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー