fbpx

上昇銘柄を毎日メモするだけ…資金が集まる銘柄を効率よく見つけるコツとは?=山田健彦

いつ買い、いつ売るかを前回の記事でお伝えしました。そこで今回は、日々の出来高上位銘柄などを見て、資金が集まる銘柄を見つけるコツをお伝えします。(『資産1億円への道』山田健彦)

【関連】何をどう買って売れば儲かるの?チャートを使った基本的な株式トレードの考え方=山田健彦

今が旬、資金が集まる投資候補銘柄の見つけ方

出来高上位銘柄などをチェックして、投資候補銘柄を見つける

上記の前回記事で、『「お気に入り」に登録する銘柄を選ぶ方法としては、それ以外にも日々の出来高上位銘柄、値上がり率上位銘柄、売買代金上位銘柄などの取引データを継続観察してその中から決める、という方法もあります』と書きましたが、これが現在、筆者の取っている方法です。

「現在」と書いたのは、マーケットの動向は日々変わるので、この方法が半永久的に有効だ、とは言い切れないからです。

ともあれ、この方法で筆者は結構良い結果が出ているので、ご参考までにお伝えします。

まずは「売買代金」ランキングを確認します。これはネット証券や四季報オンラインのランキング情報(無料)で見ることができます。これを東証一部、新興市場など市場別に確認します。

ノートを用意して、これらの中から前日比で株価が上昇した銘柄のみノートに写していきます。ノートには証券コード、銘柄名、値上がり理由(もし分かれば)を記入。これを毎日行います。

これだけでも良いのですが、時間に余裕があれば「出来高上位銘柄」(「出来高」は「売買高」と表記するところもあります)、「当日始値からの値上がり率上位銘柄」も確認して売買代金上位銘柄の中でこれらの「出来高上位」「当日始値からの値上がり率上位」にも顔を出している銘柄があるかどうかを確認します。

「当日始値からの値上がり率上位銘柄」は証券会社によっては掲載していないこともあるので、株ドラゴン参照します。

経験上、売買代金上位銘柄の中で対前日比で株価が上昇した銘柄は少ない時で15銘柄くらい、多い時で50銘柄くらいです。これらの銘柄数は当日のマーケット全体の情勢(日経平均が上昇したか、下落したか)で変わります。

そのなかから、さらに「出来高上位銘柄」、「当日始値からの値上がり率上位銘柄」にも顔を出している銘柄数は2銘柄から10銘柄くらいです。

これら3つの指標に顔を出している銘柄が最もマークすべき銘柄で、その次は「出来高上位」または「当日始値からの値上がり率上位銘柄」のどちらかにも顔を出している銘柄です。

いずれにしろ、第1のキーは「売買代金上位で対前日比値上がり銘柄」です。

Next: 銘柄を選んだら、どんなタイミングで売買すればいいのか?

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい