fbpx

何をどう買って売れば儲かるの?チャートを使った基本的な株式トレードの考え方=山田健彦

投資をするにあたって、誰もが気になるのは「何を買えば良いのか」ということです。しかし、それよりも大切なのは、売買をするタイミングを見極めることです。(『資産1億円への道』山田健彦)

株式投資というと、まずどの銘柄を選ぶかが注目されるが…

何を買えば良いのか、は永遠の悩み

先日、親戚の集まりがあって、筆者が投資関係のメルマガを書いている、という話をしたら「何を買えば良いの?」という質問を集中的に受けました。そのときは「今は何を買っても危ないので、様子見ですかね~」とお茶を濁しておきましたが、「何を買えば良いのか」は永遠の悩み事です。筆者も日々、悩んでいます。

ヤフーを持ち続けていたら

ヤフー<4689>という会社があります。1987年11月に1株70万円で公募し、初値は200万円でした。初値で売っていれば130万円の儲け(税金、手数料は除く)ですから、素晴らしいパフォーマンスです。

同社の株価はその後、2000年1月19日には1億140万円を付け史上初の1億円超の銘柄となり(1株の値段ですよ!)、翌月2月22日には株価は1億6千790万円を付けました。

初値の200万は3年もしないうちに1億6千790万円となったのです。

現在の株価は320円(2019年9月13日終値ベース)ですが、同銘柄は上場以降株式分割を繰り返し、上場当初1株を持っていた人が現在まで持ち続けていると、持株数は81万9,200株になります。

株価は見かけ上、320円に下がってしまいましたが、金額的には上場当初の200万円は約2億6,200万円超に膨れ上がったわけです。

これを読んで1987年に生まれていたらヤフーを買っておくんだったなぁ、と思った人も多いかと思いますが、株価というのは上がる時も下がる時もあります。

200万円で初値を付けた同社株はそれから数週間もしないうちに150万円付近まで値下がりしました。数週間で50万円も含み損を出したら普通の人は夜も眠れない日々が続き、株価が200万円近辺まで再上昇してきた段階で「あぁ、助かった~」と売りを出し「ヤフーなんてもう2度と買わないぞ!」と心に固く誓ったのではないでしょうか。

1つの銘柄を長期間持つ、というのは余程の勇気と忍耐が必要なことで「何を買えばよいか」よりは「いつ買い、いつ売るか」の判断のほうが遥かに重要なのです。

ルールはシンプルなのだが…

株式投資に限らず、投資のルールは実にシンプルです。「安いときに買い、高くなったら売る」ですが筆者はこれを少し修正して、

1.何を買うかをまず決める

2.どういうタイミングでどのくらい買うかを決める

3.どういうタイミングでどのくらい売るかを決める

としています。

何を買うか、まずは候補を絞る

まず「何を買うかを決める」ですが、これは何でも良いのです。

個人的に前々から気になっている銘柄、会社四季報で「最高益更新」などと好評価の銘柄、マネー雑誌や日経新聞、株式投資関連の業界紙やツイッター等で著名投資家がコメントしていたもの、ラジオ日経の番組でコメンテーターが言及していた銘柄等々情報源には事欠きません。

誠実なコメンテーターであれば、それらの銘柄に注目する理由も同時に伝えてくれます。その理由に自分自身が納得できれば「投資候補」としてネット証券の「お気に入り」に登録しておきます。

「お気に入り」に登録する銘柄を選ぶ方法としては、それ以外にも日々の出来高上位銘柄、値上がり率上位銘柄、売買代金上位銘柄などの取引データを継続観察してその中から決める、という方法もあります。

登録する銘柄数ですが、会社勤めの方などじっくりと銘柄研究をする時間的余裕がない方は10銘柄程度。多くても20銘柄は超えないようにします。それ以上登録すると、フォローするのに時間を取られ適切な判断ができなくなります。

この「お気に入り」銘柄ですが、随時入れ替えて構いません。入れ替え頻度としては週または2週間に1回位が適当です。入れ替える銘柄もあれば、引き続き継続ウォッチするものも当然あります。

大事なことは「お気に入り」に登録する銘柄数を増やさないこと。「お気に入り」に登録していないもので、どうしても気になる銘柄が出現した時は登録中のものと入れ替えして数は増やさないようにします。

なぜ「お気に入り」に登録している銘柄数を増やしてはいけないか、というとこれが増えていくと、人は何かと理由を付けて買ってしまうからです。

どんどん購入銘柄数が増えていき、全てをフォローしきれなくなり、結果気がついたらその殆どが含み損を抱えている、なんて状況に陥る可能性が大です。筆者の実体験からもそれはいえます(笑)。

要は自分が選んだ「お気に入り」銘柄に注意を集中し、周囲の雑音に惑わされないことです。

Next: 銘柄を選んだら、売買のタイミングをチャートでチェック

1 2

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい