fbpx

加盟企業がリブラ協会を脱退せざるを得なかった、米国協議会から届いたレターとは?=シバタナオキ

その3: Facebookは2016年の大統領選挙に関連する不正疑惑でFTCに$5Bもの罰金を支払うような問題企業である

gazou5

These risks are even more glaring in light of Facebook’s troubled past, where it did not always keep its users’ information safe. For example, Cambridge Analytica, a political consulting firm hired by the 2016 Trump campaign, had access to more than 50 million Facebook users’ private data which it used to influence voting behavior. As a result, Facebook expects to pay fines up to $5 billion to the Federal Trade Commission (FTC), and remains under a consent order from FTC for deceiving consumers and failing to keep consumer data private.

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、2016年の大統領選挙に際して、Facebook上で展開された広告キャンペーンが、不正にユーザーの個人情報を用いていたという点に関して、Facebookは$5B(約5,000億円)の懲罰金を FTCに支払っていました。

この事例をもって、Facebookは個人情報の管理が十分にできていない企業であり、金融システムを管理できる会社ではないとしています。

その4: Facebookは、2019年1-3月の間だけで22億もの偽アカウントを削除するほどテロリストなどの攻撃に弱い

gazou6

In the first quarter of 2019 alone, Facebook has also removed more than 2.2 billion fake accounts, including those displaying terrorist propaganda and hate speech. It has also recently been sued by both civil rights groups as well as the U.S. Department of Housing and Urban Development for violating fair housing laws on its advertising platform and through its ad delivery algorithms.

さらにFacebookは、2019年の3ヶ月間だけで22億ユーザーの偽アカウントを削除する必要があったほど、脆いシステムだと書かれています。

これの意味するところは、テロリストなどの攻撃に非常に弱いということで、テロリストなど悪意を持った人が Facebook上で広告を掲載する事などが可能な点が問題視されています。

Next: さらに重要な点として、失敗するには大きすぎるFacebookの企業規模

1 2 3 4 5
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー