fbpx

希望する年収600万円男性から声がかからない…30代前半独身女性の婚活の悩み=山本昌義

柔軟な考えで、声がかかる間にいろいろな人と出会いを

ただ、一般的には世帯年収で600万円もあれば十分生活できます。もちろん子育ても可能です。

一方、将来の可能性は考えるとキリがなく、お相手がクビになる可能性だってあります。離婚する可能性だって十分です。何より、結婚のハードルが高まります。あなたが求められるものも高まる訳です。

また、年収に拘りすぎると「その他の要素」を見過ごしやすくなります。よく聞くのはモラハラ・パワハラでしょうか。

さらに年収が高いからこその弊害もあります。浮気や多忙などは最たるポイントですね。それで離婚に至った女性も沢山います。

ネット婚活の特性上、つい年収で選んでしまうのは分かりますが、年収で見切り続けるのはどうかと…。

ぜひ、少し年収を柔軟に考え出会う男性の幅を広げていきましょう!

最後にちょこっと…

婚活が厳しい…。年収を拘ると余計に、でしょうね。

ひとまず、年収に関わらず婚活は厳しいです。妥協しないことをヘンな安心感に繋げず、客観的に自分の立ち位置を考えましょう。

その一方で、年収にこだわるのはいろいろと危険です。ぜひ柔軟に考え、まだ声がかかる間にいろんな男性と出会いましょう!

なお、お相手に必要な最低年収を計算したい方、もっと大局的な婚活市場を知りたい方は私でよければ、いつでもご相談下さいませ。

image by:milatas / Shutterstock.com

【関連】努力しているのになかなか相手が見つからない…正社員年収300万円の30代後半男性の悩み=山本昌義

【関連】妻の収入が高いと夫のストレスに。英研究で明らかになった円満に稼げるラインとは=川畑明美

【関連】家電が買えない日本人。パナソニック半導体撤退の原因は「デフレ」=児島康孝

1 2

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』(2019年12月6日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~

[無料 週刊]
婚活中の方、ご成婚された方 こんにちは。婚活FP山本と申します。 昨今は空前の婚活ブーム! …引いては婚活が厳しい時代です。 ご結婚に至っても、3組に1組は離婚する時代。 大変な時代ですね。 ここでは、私が実際にお受けした相談内容を元に 男女の心理差や経済的な側面を主として なぜダメなのか?どうすれば良かったか?を分析し 実例として、皆様にお届けさせて頂きます。 なお、私は「現実的な結婚」を支援しています。 そして、実例は男女の本音が登場します。 このため、皆様の夢を打ち砕く内容も多いかと思いますが ご容赦の上でお読み頂き、ご活用下さい。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー