fbpx

希望する年収600万円男性から声がかからない…30代前半独身女性の婚活の悩み=山本昌義

30代前半の独身女性から、婚活についての相談をいただきました。そこで今回は、婚活で年収にこだわる弊害について少し建設的な考え方をお伝えします。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

今回の実例は、30代前半女性の婚活…年収にこだわるリスク

年収600万円をねらうも、声がかかるのはそうでない男性ばかり

今回は30代前半の独身女性から、婚活について「半年ほどネット婚活してみたけど厳しい。どうしたら?」というお話をいただきました。

本人は年収約400万円の会社員。年収600万円以上の男性を狙うものの、そうでない男性からばかり声がかかるとのこと。

典型的な婚活あるあるですね…。このまま狙い続けるのもアリかもですが、少しリスクも考えたいところかもしれません。

今回は、30代前半女性の婚活について少し建設的な考え方をお伝えします。

さて、まずは基本ですが『妥協すれば結婚できるものでもない』この点を最初に理解しておきましょう。

そもそも、30代前半というのはまだモテる一方、高齢出産予備軍です。少なくとも男性はこう捉えています。

モテる男性なら20代を狙うため、そうでない男性から狙われるのは自然です。

ただ、モテにくい男性が相手であってもスンナリ結婚できる訳でもありません。男性にとって、恋愛と結婚は違いますからね。

そして、今はまだ声をかけてくる男性達もあなたが35歳を超えれば急速に手を引きます。声がかかっても、さらに男性の質は下がるかと。

これが、今あなたが置かれている状況です。

つまり、このまま高年収男性を狙い続けると「結婚できないリスク」が高まっていきます。それでも大丈夫ですか?

女性の市場価値はけして上がることはなく、妥協すればすぐ結婚できるものでもありません。今一度、男性を見る目を改めましょう。

さて、並行的に大切なことですが、「年収が高いほうがいいとは限らない」こんな現実も知っておきましょう。

将来どうなるか分からないから…そんなお気持ちは十分に理解できます。高いほうが安心できるでしょうね。

Next: 年収へのこだわりって、そんなに大切ですか?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー