fbpx

努力しているのになかなか相手が見つからない…正社員年収300万円の30代後半男性の悩み=山本昌義

正社員だが年収300万円という30代後半男性から、婚活の相談をいただきました。そこで今回は、年収の低い男性の婚活について建設的な考え方をお伝えします。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

婚活は失敗にめげず、成功するまで続けることが大切!

厳しいのは当然という感覚で婚活に挑むべし

今回は30代後半の独身男性から、婚活についてお話をいただきました。「婚活に励んでいるが、全然ダメ…。どうしたらいいでしょうか?」

本人は正社員ながらも年収は約300万円。私の記事を読んで色んな婚活を試したものの一向に結果が出なくて悩んだそうです。

色々と婚活を試した点は素晴らしいですが、やはり現実は甘くないものですよね…。

今回は、年収の低い男性の婚活について少し建設的な考え方をお伝えします。

さて、まずは基本ですが『厳しいのは当然。成功するまで励む』こんな感覚が必要かもしれません。

どうしても、男性は婚活で年収を問われます。例外や300万円で納得してくれる女性もいますがやはり限られてくるのが現実です。

また結婚相談所やネット婚活、婚活パーティも含めその場には多数の男性がいます。当然にあなたより年収の高い男性も沢山です。その中で、あえてあなたを選ぶ女性は極めて稀でしょう。

かといって、紹介や身近な範囲での婚活も年齢的に、ちょっと非現実的といえます。身近でも年収を気にされる点は変わりませんから尚更です。

つまり、厳しい中で婚活するしかないのですから、苦戦するのも当たり前といえます。少々のテクや努力で何とかなるものでもありません。

こういう時に大切なのは、成功するための方法論ではなく成功するまで続ける姿勢といえます。そもそも「今回もきっとダメだろうな」なんて姿勢では成功する出会いも失敗するのではないでしょうか。

失敗が続いてヘコむ気持ちは分かるのですが、そんな時こそ、気持ちの切り替えが大切です。いつかきっと結婚できるはずと信じて、今一度、笑顔で婚活に励んでいきましょう!

Next: 結婚できることを信じると同時に、努力していくべきこととは?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー