fbpx

トランプ大統領は案外対処しやすい相手?中国サイドからみた米中通商会議の現状とは=田代尚機

12月6日の中央政治局会議で2020年の経済運営方針が話し合われ、大きな方向性が定められた。2020年の中国はこれを受けて、どのような動きを見せるのかを解説する。(『中国株投資レッスン』田代尚機)

中国市場の2020年は、悪材料の解消が進む見込み

2020年の経済運営方針は、質の高さを追及

中央政治局会議が12月6日に開催され、2020年の経済運営方針が話し合われた。まず、中国共産党の指導機関である中央政治局によって大きな方向性が定められた。それを受けて、10日~12日に中央経済工作会議が実施され、さらに詳しい方針が決められた。中央経済工作会議は、中国共産党、国務院が開催する最も権威ある経済会議であり、その年の経済運営の成果を総括し、内外の経済情勢を研究、分析し、翌年のマクロ経済発展政策を作り上げる会議である。

国務院は今後、これらの会議で話し合われた内容に基づいて、国家としての2020年における経済運営方針案を作成、それは3月上旬(通常5日)に開催される全人代によって審議され、共産党の代表者による幅広い意見を吸収、修正したうえで、その年の正式な経済運営方針となる。地方政府、中央主管部門、国有企業はその内容に基づき、より具体的な運営・経営方針を定める。こうしたシステムで中国経済全体が回っていく。

中央経済工作会議に話を戻すと、マスコミを通じて、その概要、エコノミストたちの解説などが詳しく報じられている。そうした中で、人民網が来年の重大業務として、次の6点を示している。その内容は以下の通り。

1.新しい発展理念を断固として貫くこと

2.3つの大きな攻略すべき厳しい戦いを上手く打ち破る
(3つの戦いとは、重大な金融リスクの防止・解消、貧困からの脱却、環境汚染の防止)

3.民生、特に貧困層が基本的な生活を送れるように有効な保障、改善を行う

4.積極的な財政政策と穏健な金融政策を継続して実施する

5.質の高い経済発展を推し進める

6.経済体制改革を深化させる

また、澎湃新聞が14日に載せた某エコノミストによる見方(中央経済工作会議解釈:我々はどのような2020年を迎えようとしているのか)を紹介しておく。本土エコノミストの標準的な捉え方が上手くまとめられている。

Next: 金融市場のボラティリティは小さく、実体経済に重点を置く方向へ

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー