fbpx

迫る中小企業の廃業ラッシュ。事業承継アンケートで見えた「親族に任せられない」事情=奥田雅也

「継ぎたい」と思われる会社にすること

少子化・高齢化の中で、市場が縮小していく展望で、銀行借入や役員借入が多額に残っている会社を「継ぎたい」と思う人がどれだけいるでしょうか?

さらに同業他社から「買いたい」「欲しい」と思える会社であれば、急な相続・事業承継が発生しても、株式を売却するという選択肢も生まれてきます。

そう考えますと、事業承継対策の根幹は、継ぎたいと思える法人にすることではないでしょうか?

そんなことを感じた調査結果でした…。

そのために私は保険営業という立場で、有事の際に家族や会社が困らないだけの生命保険金を準備しておくことは当然ですが、その準備のための保険料を捻出できるだけの財務的なアドバイスであるとか財務改善へのお手伝いをすることが求められているように感じます。

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 12月配信済みバックナンバー>

※2019年12月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年12月配信分
  • 社長退職金を考える(12/18)
  • 逆選択を考える(12/11)
  • 事業承継に関する調査から(12/4)

いますぐ初月無料購読!

image by:marino bocelli / ShutterStock.com

※本記事は有料メルマガ『奥田雅也の「無料メルマガでは書けない法人保険営業ネタ」』2019年12月24日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】なぜ日本人の給料は上がらない? 世界との比較で見えた日本「ひとり負け」の現状=斎藤満

【関連】南鳥島に眠る大量のレアアースで日本は勝てるか?世界生産量8割を占める中国の焦り

【関連】かんぽ生命はブラック企業になるために民営化したのか?廃業すべきレベルの犯罪=今市太郎

1 2 3

奥田雅也の「無料メルマガでは書けない法人保険営業ネタ」』(2019年12月24日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

奥田雅也の「無料メルマガでは書けない法人保険営業ネタ」

[月額1,650円(税込) 毎週水曜日(年末年始を除く)]
2010年より配信をしてきました無料のメールマガジン「企業保険ワンポイントアドバイス(現在は休止中)」では書けなかった生々しい事例や情報を有料版メルマガとして配信。"奥田雅也の「無料メルマガでは書けない法人保険営業ネタ」"として2015年より配信をしており、200名以上の保険営業パーソン・税理士が購読をしておられますが、この度「まぐまぐ」からの配信を再開することになりました。一人の保険営業パーソンとして、一人の代理店経営者として、日々現場で実践し体験している事を踏まえ、経営者との対話の中で活かせる保険活用術や経営情報ネタなどを毎週配信します!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー