fbpx

202X年「ソフトバンク・ショック」に備えよ。新聞が報じない孫正義の大ピンチ=吉田繁治

2019年にもっとも輝いたメルマガを決める「まぐまぐ大賞」が遂に発表!そこで今回は、受賞メルマガ全171誌の中から、特に多くの支持を集めたメルマガの気になる中身を無料でご紹介します。

負債でM&Aしてきたソフトバンク成長

ソフトバンクの成長は、銀行・証券が社債を買って貸した17兆円の有利子負債によるものです。

リーマン危機のあとの低金利とマネー増発の中で、
・借り入れとリースを増やし、
・情報関連の非上場株を買ってM&Aし、
・そのうちから上場して、上がった株価が利益
でした。

ソフトバンクが30%の株をもつ中国のアマゾンであるアリババの、株の時価総額が14兆円です。

事業計画(目論見書)に中身がなかった、個人への貸事務所のウィーワークでは、上場に失敗し、7,000億円の損を出しています。

幻想の株価が高いときは、ソフトバンクモデルもいい。しかし、米国株が30%下落し、その後、短期(1年)で回復が見込めないと、このビジネスモデルは破産します。

今、以下のような、破産に向かう状況が出ています。

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、米ウィーワーク救済パッケージのためのソフトバンクグループへの新規融資を断る公算が大きいと、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が、事情に詳しい匿名の関係者の話を基に報じた。

出典:MUFG、ウィーワーク関連でソフトバンクGへの融資断る公算-FT – Bloomberg(2019年11月21日配信)

日本の新聞は、これを報じていませんね。何に対する遠慮でしょうか。

借金で非上場株に投資してきたソフトバンクは、株価の30%下落か、銀行融資の停止で、破産に向かいます。

社債の返済は、満期に一度で来ます。そのとき、社債の発行ができないか、銀行融資がなければ、デフォルトします。ソフトバンクのビジネスモデルは、「借金の増加」がないと潰れます。評価が上がった株(たとえばアリババ:194ドル)は、30%の株をもつソフトバンクが大きく売れば、暴落して、現金は残らないからです。アリババの株価は、2017年の100ドルからほぼ2倍です。

三井住友フィナンシャルグループも、ウィーワーク救済のために、ソフトバンクグループに融資するのを望んでいないという――

image by:glen photo / ShutterStock.com

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで

[月額660円(税込) 毎週水曜日]
●最新かつ普遍的なビジネスの成功原理と経済・金融を、基礎から分かりやすく説いて提供 ●時間がない、原理と方法の本質を知りたい、最新の知識・原理・技術・戦略を得たいという方に ●経営戦略・経済・金融・IT・SCM・小売・流通・物流を、基礎から専門的なレベルまで幅広くカバー ■新規申込では、最初の1ヶ月間が無料です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい